平成28年度(2016) 9月試験 問58 | ファイナンシャルプランナー 2級

前の問題次の問題

Aさんは、下記の甲宅地および甲宅地上の家屋(自宅)を所有していたが、Aさんの死亡により配偶者のBさんが甲宅地および自宅を相続により取得した。Aさんの相続に係る相続税の計算上、「小規模宅地等の相続税の課税価格の計算の特例」(以下「本特例」という)の適用を受けた場合の甲宅地の相続税の課税価格に算入する金額として、最も適切なものはどれか。なお、その金額が最も少なくなるように計算すること。

<甲宅地の概要>
面積:350m2
自用地評価額:70,000千円

選択肢 1

70,000千円-70,000千円× (200m2/350m2) ×50%=50,000千円

選択肢 2

70,000千円-70,000千円×(200m2/350m2) ×80%=38,000千円

選択肢 3

70,000千円-70,000千円×(330m2/350m2 ×50%=37,000千円

選択肢 4

70,000千円-70,000千円×(330m2/350m2) ×80%=17,200千円

解答

正解
4
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。