前の問題次の問題

特許法に関する説明として適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

特許法上の発明といえるためには、自然法則を利用した技術的思想の創作であれば足り、必ずしも高度であることを要しない。

選択肢 2

特許権の設定登録を受けるためには、設定登録を受けようとする発明に、新規性、進歩性が認められることのほか、産業上利用可能性が認められることが必要となる。

選択肢 3

会社の従業員が特許法上の職務発明に該当する発明をした場合、その会社が、当該発明をした従業員に対し相当の報酬を支払えば、特許権はその会社に帰属することになる。

選択肢 4

特許法上、特許権の存続期間は、特許出願の日から 50 年をもって終了する。

解答

正解
2
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。