前の問題次の問題

---

---
[出典:ウェブデザイン技能検定 2級 平成28年度(2016) 第3回試験 問24]

解答

正解
2
難易度
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
解説のユーザー評価:未評価
アクセシビリティとを配慮したデザインとは、ユーザがページを閲覧する際に、迷わず適切な行動をとれるように構築することです。
若者、健常者だけではなく、高齢者、障碍者に対しても同様に使いやすいサイトにする必要があります。

1,3,4の選択肢はどれも視覚に頼ったUIとなっており、読み上げブラウザ等では判断が難しい情報となっているため、アクセシビリティがよくありません。
2は、説明が以降に来ることが明確なためアクセシビリティが比較的高いコンテンツとなります。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • user
    mie
    なぜこの答えになるのか全く分かりません。解説をお願いいたします。
    2019-08-30 12:09:57
    • user
      管理人
      解説作成しました。
      2019-08-30 12:34:19
※ コメントには[ログイン]が必要です。