前の問題次の問題

「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」において、「個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、または公表しなければならない」と規定されている。ここでの「公表」の事例として、該当しないものを以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

店舗販売においては、店舗の見やすい場所へ掲示すること。

選択肢 2

通信販売においては、通信販売用のパンフレットなどへ記載すること。

選択肢 3

会員向けに限定されているウェブサイトにおいては、ユーザID・パスワードによる認証を行い、さらに複数回操作した後に閲覧できる場所に記載すること。

選択肢 4

自社の店舗・事務所内においては、ポスターなどに記載し掲示すること。

解答

正解
3
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。