前の問題次の問題

安全色彩の説明として、最も適切なものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

長時間作業して目に優しい色

選択肢 2

色相差により誤認識が起きない色

選択肢 3

JISにより定められた安全を確保するための色

選択肢 4

JISにより定められた画面表示と印刷した色が完全に一致する色

解答

正解
3
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
安全色彩とは、JIS(日本工業規格)よって規定された安全を確保するために決められた色がJIS安全色の事を指します。

色の種類として「赤、黄赤、黄、緑、青、赤紫に、対比の補助色となる白、黒を加えた8色」ときてされており、
禁止や危険を示す赤、注意を示す黄、救護や誘導を示す緑など各色に意味が設けられています。
道路の交通標識や公共の場の案内板など様々な場で使われています。
ログインすると解説を投稿できます。

関連用語

個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。