前の問題次の問題

CSS の hsl()関数に関する説明として誤っているものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

hsl()関数の色相以外の値には割合(%)を定める。

選択肢 2

hsl()関数に渡す値の中にコントラストは含まれていない。

選択肢 3

アルファ(不透明度)も定めたいときは hsla()関数を使う。

選択肢 4

輝度をもとのまま保ちたいときは値として 100%を与える。

解答

正解
4
難易度
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
HSL色空間とは、色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(lightness)の3つの成分からなる色空間のこと
色相を0〜360度の範囲(赤を0度に置き、時計回りに赤、橙、黄、黄緑、緑、青緑、青、青紫、紫、赤紫の順に変化)、
彩度を純色から灰色の範囲、
明度を白から黒の範囲(中間が純色)
で表す。

参考 https://blog.asial.co.jp/893

輝度:明度100%を純色とし、そこからどれだけ明るさが失われるかを示すHSVとは違い、輝度0%を黒、100%を白とし、その中間(50%)を純色とする。
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/HLS%E8%89%B2%E7%A9%BA%E9%96%93
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。