前の問題次の問題

次の文章は、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)」に関するものである。[A] にあてはまる語句として適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。

不正アクセス禁止法において、何人も、不正アクセス行為の用に供する目的で、アクセス制御機能に係る他人の識別符号を取得してはならないと規定されている。なお、ここでの「識別符号」とは、 [A] 等を指すものである。また、「不正アクセス行為の用に供する目的」とは、取得者自身に他人の識別符号を用いて不正アクセス行為を行う意図がある場合のほか、第三者に不正アクセス行為を行う意図がある場合に、そのことを認識しながら当該第三者に識別符号を提供する意図を持って取得する場合もこれに該当する。

選択肢 1

TCP/IP ネットワーク上で、通信相手を識別するための番号

選択肢 2

情報機器やサービスにアクセスする際に使用する ID やパスワード

選択肢 3

ネットワーク上で各通信主体を一意に識別するために、物理的に割り当てられた識別番号

選択肢 4

TCP で送信されるパケットに付けられる通し番号

解答

正解
2
解説
この問題は解説を募集しております
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。