前の問題次の問題

静止画の圧縮に用いられる誤差拡散法の説明として適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

静止画をピクセル単位の点で表現し、色の濃い部分では点の密度を上げ、薄い部分では点の密度を下げることによって疑似的に色数が多くなるように表現する手法である。

選択肢 2

静止画をピクセル単位の点で表現し、色の濃い部分では点の密度を下げ、薄い部分では点の密度を上げることによって疑似的に色数が多くなるように表現する手法である。

選択肢 3

静止画を表現する際に、サーバ上の類似の静止画を検索して置き換える手法である。

選択肢 4

静止画を表現する際に、サーバ上の類似の静止画を削除してサーバ上のデータ量を少なくする手法である。

解答

正解
1
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。