前の問題次の問題

「特定商取引法」における電子メールの広告規制に関する記述として誤っているものを、以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

消費者からあらかじめ請求や承諾を得ていない限り、電子メール広告の送信は原則的に禁止されている。なお、携帯電話等のショートメールサービスを利用した広告は、規制の対象とはならない。

選択肢 2

事業者が送信する電子メール広告には、消費者が当該電子メール広告の送信を拒否する意思を表示するための方法を表示しなくてはならない。

選択肢 3

電子メールアドレスまたはURL等は電子メール広告の本文に記載しなくてはならず、かつ消費者が容易に認識できるように表示しなくてはならない。

選択肢 4

電子メール広告を送信することについて消費者からの請求や承諾を受けた場合は、その記録を、電子メール広告を最後に送った日から3年間保存しておかなくてはならない。

解答

正解
1
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。