前の問題次の問題

著作権の侵害とならない行為として最も適切なものを以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

個人Aが、自己の所有する市販の音楽CDを専ら友人Fのために複製する行為

選択肢 2

プログラムの著作物が違法に複製された物の所有者Bが、当該複製物が違法な複製物であることを知りつつ、自ら当該著作物をパソコンにおいて利用するために必要と認められる限度で業務上使用する行為

選択肢 3

著名な絵画Pが盗難に遭ったとして、その盗難事件を報道するために、Pの画像をテレビで放送する行為

選択肢 4

会社Cが、自社の商品の販売促進のために、公表された楽曲Mの無料演奏会を開催して公に演奏する行為

解答

正解
3
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。