前の問題次の問題

個人情報について誤りである記述はどれか。以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

メールアドレスであっても、その他の情報と容易に照合でき、それによって特定の個人を識別することができれば、全体として個人情報に当たることがある。

選択肢 2

死者に関する情報は、原則として個人情報に当たらない。

選択肢 3

指紋やICレコーダーで録音した個人の声も個人情報に当たる。

選択肢 4

官報、電話帳等、公刊物によって公にされている情報であって、いわゆるセンシティブな情報とはいえないものは、個人情報に当たらない。

解答

正解
4
解説
この問題は解説を募集しております
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。