前の問題次の問題

インターネット上の表現行為がプライバシーの侵害とならないために必要とされる条件として、明らかに間違っているものを以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

インターネット上の表現行為が公益を図る目的でなされたこと

選択肢 2

インターネット上の表現行為の対象となる個人の明確な同意があること

選択肢 3

インターネット上の表現の内容につき真実であることの証明がなされたこと

選択肢 4

インターネット上の表現の内容が公衆の正当な関心事であること

解答

正解
3
解説
この問題は解説を募集しております
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。