前の問題次の問題

厚生労働省が策定した「VDT 作業に関するガイドライン」における在宅ワーカーへの配慮についての指針として 最も適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。 

選択肢 1

在宅ワーカーに対する労働衛生管理は、自己責任で実施してもらうので、特段の配慮は無い。

選択肢 2

在宅ワーカーは、一種の自由人であるから、労働衛生管理などという窮屈な指導は避けることが望ましい。

選択肢 3

在宅ワーカーは、身体の不具合を訴えてきたときにだけ相談に乗るように心がける。

選択肢 4

在宅ワーカーにも、事前に VDT 作業のガイドラインの情報を提供することが望ましい。

解答

正解
4
解説
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。