前の問題次の問題

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法、番号法)」にお いて、個人番号利用事務や個人番号関係事務などに従事する者が、業務に関して知り得たマイナンバーを自己 や第三者の不正な利益を図る目的で盗用した場合は、懲役または罰金の刑に処せられ、これらを併科されることも ある。 

選択肢 1

選択肢 2

×

解答

正解
1
解説
4年以下の懲役または200万円以下の罰金または併科
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。