前の問題次の問題

HTML5 の文書において、DOCTYPE 宣言として使用できないものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

<!doctype HTML>

選択肢 2

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

選択肢 3

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"  "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

選択肢 4

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"  "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

解答

正解
4
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
宣言の種類について
※ strict = 厳密型
  Transitional = 移行型
  DTD(Document Type Definition:文書型定義)

・HTML 4.01 厳密型DTD(strict)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
 厳密型DTDなため、W3Cが非推奨とする要素と属性は使えない。(iframeなど)

・HTML 4.01 移行型DTD(Transitional)
 移行型DTDは、W3Cが非推奨とする要素と属性が使えます。(フレームは使えません)

・HTML 4.01 フレーム設定型DTD(Frameset)
 フレーム設定型DTDで、フレームを使用したファイルに使います。

・XHTML 1.0 Strict 厳密型DTD


・XHTML 1.0 Transitional 移行型DTD(Transitional)

・XHTML 1.1 DTD

・XHTML Basic 1.1 DTD

・HTML5のDOCTYPE宣言
<!DOCTYPE html>
 シンプルですが、これだけでHTML5の宣言となります。

個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。