前の問題次の問題

労働基準法では、「労働時間が 6 時間を超え、8 時間以下の場合には少なくとも 45 分、8 時間を超える場合に は少なくとも 1 時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」と規定している。 

選択肢 1

選択肢 2

×

解答

正解
1
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
使用者は、労働者に対して、労働時間が6時間を超え8時間以内の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える義務を負っている(労働基準法34条1項)。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。