前の問題次の問題

労働基準法上、労働時間の上限は、原則として 1 日 8 時間、1 週 40 時間と定められており、使用者がこの時間制 限を超えて労働者に労働させるには、労使間において、時間外労働に関する労使協定(いわゆる三六協定)を締結 しなければならない。ただし、三六協定を締結した場合、使用者は、労働者に対して法定労働時間を超えて労働させ たとしても、割増賃金を支払う必要はない。

選択肢 1

選択肢 2

×

解答

正解
2
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。