前の問題次の問題

VDT作業者が心身の負担を少なくする為の作業姿勢として、不適切なものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

ディスプレイ画面から 40~50cm 離し、視線が少し画面を見下げるようにディスプレイを配置する。

選択肢 2

肩の力を抜いて、前傾し過ぎないようにする。

選択肢 3

椅子に深く腰をかけて背もたれに背を十分にあて、履き物の足裏全体が床に接した姿勢を基本とする。

選択肢 4

リラックスできるように足を組んだ体勢を維持する。

解答

正解
4
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン より抜粋

(3)調整
 VDT作業は、自然で無理のない姿勢で行うことが重要であるため、極端な前傾姿勢やねじれ姿勢を長時間継続させないよう、機器の位置を調整させる必要がある。

イ 作業姿勢
 (イ)において、必要に応じ、足台を備えることとしたのは、足台は、足を疲れさせないだけでなく、背中や腰の疲れを防ぐ効果ももつためである。
ロ ディスプレイ
 (イ)において、ディスプレイ画面と眼の視距離をおおむね40cm以上としたのは、眼に負担をかけないで画面を明視することができ、かつ、眼とキーボードや書類との距離の間に極端な差が生じないようにするためである。 


足を組んだ姿勢はリラックスした姿勢とは言えません。


ログインすると解説を投稿できます。

関連用語

個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。