前の問題次の問題

「個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)」において、個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならないとしている。ここでの「本人の同意」の事例に該当しないものを、以下より 1 つ選択しなさい。

選択肢 1

ウェブページに表示されている「同意します」の確認欄のボタンを、本人がクリックすること。

選択肢 2

同意することが書かれた書面を本人から受け取ること。

選択肢 3

同意することが書かれた本人からの電子メールを受信すること。

選択肢 4

同意するための手続きをウェブサイトで公開し、それを読むように本人に電子メールで知らせること。

解答

正解
4
解説
個人情報保護委員会のガイドラインにより

「『本人の同意を得(る)』とは、本人の承諾する旨の意思表示を当該個人情報取扱事業者が認識することをいい、
事業の性質及び個人情報の取扱状況に応じ、本人が同意に係る判断を行うために必要と考えられる合理的かつ適切な方法によらなければならない。」

参考:ガイドライン「通則編」 24ページ

つまり、能動的な合意を求められており、選択肢4は受動的な同意なため認められません
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。