前の問題次の問題

改正個人情報保護法では、オプトアウトを行う場合には個人情報保護委員会に届出をしなくてはならない。

選択肢 1

選択肢 2

×

解答

正解
1
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
平成29年5月30日から施行された「改正個人情報保護法」 では、オプトアウト手続きの厳格化が大きなポイントの一つとなっています。

オプトアウト手続きとは、あらかじめ本人に通知した際に「拒否されない」限りは、
(「要配慮個人情報」を除いた)個人情報を第3者に提供する場合に本人の同意を得る必要がなくなる手続きのことを言います。

そして改正により、第三者へ提供する場合、その項目を個人情報保護委員会へ提出することが義務付けられています。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。