前の問題次の問題

著作権法において、ウェブサイト内にコピーライトの記載を行わなかった場合、そのウェブサイトの著作権を放棄したことになる。

選択肢 1

選択肢 2

×

解答

正解
2
解説

日本の法律において、著作権は著作物を作成した時点で発生するため、記載が無くても著作権を放棄したことになりません。

よって、正解は× となります。


著作権は権利のための手続きなどは一切必要ありません。

そんな中、ほとんどのサイトでコピーライトの記述が見られる理由は、様々なことがありますが、 

基本的には「Webサイト内の写真や記事の無断利用禁止」という事を明示するためです。

現在は慣例的に付ける事が習慣化されているため、サイトを作成した際には付けるべき情報になっています。

個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。