過去問 一覧 | ウェブデザイン技能検定 3級 平成29年度(2017) 第5回試験

受験者数

569人

合格者数

409人

合格率

72%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 セキュリティ的に HTML 文書内の属性値はクォーテーションで囲むことが推奨されている。 ... 閲覧
2 head 要素は body 要素の前に記述する。 閲覧
3 擬似クラス:hover は a 要素のみに指定できる。 閲覧
4 加法混色とは、赤・青・黄色の 3 色の組み合わせによる色表現の方法である。 ... 閲覧
5 画像データであれば、拡張子を.jpeg に変更すれば JPEG 形式のファイル形式となる。 ... 閲覧
6 HTML5 では、ルビを表示させるための要素が定義されている。 閲覧
7 背景色が白のとき、アクセシビリティを高くするのであれば文字色はできるだけ薄い色を使用した方が良い。 ... 閲覧
8 ドメイン名「example.com」における「.com」のように、ドメイン名をドットで分割した最後の文字列を特にトップレベルドメインという。 ... 閲覧
9 HTML5 では、br タグ内にスラッシュを入れて と書くと文法エラーとなる。 ... 閲覧
10 クロスブラウザチェックとは、複数の異なるウェブブラウザで仕様どおりにウェブページが表示され機能するかを検証することである。 ... 閲覧
11 VDT 作業者が心身の負担を少なくする為の作業姿勢として、不適切なものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
12 日常的に行うべきセキュリティ対策として不適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
13 src.js という JavaScript ファイルを、HTML に読み込む際のコードはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
14 http://example.com/css/style.css に次のコードが記述されている場合、main.png が表示されるパスを、以下より 1 つ選択しなさい。[コード]background: ... 閲覧
15 OSI 参照モデルにおいて、第 3 層に該当するものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
16 aside 要素に関する説明のうち適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。 閲覧
17 JavaScript に関する説明のうち適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。 閲覧
18 無彩色ではないものを以下より 1 つ選択しなさい。 閲覧
19 レスポンシブウェブデザインに関する説明として適切なものを、以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
20 1 つの段落であることを示すために使用する要素として、最も適切なものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
21 HTTP ステータスコードのうち、「404 Not Found」が表しているものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
22 CSS の color プロパティに指定できない値はどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
23 HTML5 において、使用できない要素はどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 閲覧
24 img 要素の alt 属性に指定すべきテキストの内容として最も適切なものはどれか。以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧
25 できるだけ多くの人が利用可能となるように最初から意図してデザインすることを何というか。最も適切なものを以下より 1 つ選択しなさい。 ... 閲覧