過去問 一覧 | ファイナンシャルプランナー 2級 平成29年度(2017) 1月試験

問題番号 難易度 問題文
1
ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、職業倫理や関連法規に照らし、最も適切なものはどれか。 ...
2
年代に対応した一般的なライフステージ別資金運用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
3
ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングに当たって作成する一般的な各種の表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
4
全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
5
雇用保険の基本手当に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
6
公的年金の老齢給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
7
公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
8
確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
9
住宅ローンの借換えを検討しているAさんが、仮に下記<資料>のとおり住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。<資料>[Aさんが現在返済中 ...
10
損益計算書に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。・売上から売上原価を差し引いた利益は( ア)であり、粗利益ともいう。・( ア)から販売費及び一 ...
11
保険法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
12
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。 ...
13
個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
14
生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
15
契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の保険料の経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとし、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われている ...
16
次の損害のうち、住宅用建物およびそれに収容している家財を保険の対象とする一般的な火災保険の補償の対象となるものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。 ...
17
地震保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
18
第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
19
生命保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
20
損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
21
経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
22
投資信託の一般的な仕組みや特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
23
株式投資信託の一般的な運用手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
24
表面利率が0.9%、発行価格が額面100円当たり98円、償還年限が10年の固定利付債券を新規発行時に購入し、4年間保有して額面100円当たり98円80銭で売却した場合の所有期間利回り(単利)として、正 ...
25
下記<資料>から求められるPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)に基づく、A社株式とB社株式の株価の比較評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、A社とB社の業種および事業内容 ...
26
個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
27
オプション取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
28
ある投資家の各資産のポートフォリオの構成比および期待収益率が下表のとおりであった場合、そのポートフォリオの期待収益率として、正しいものはどれか。資産ポートフォリオの構成比期待収益率A投資信託50%0. ...
29
NISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)、つみたてNISA(非課税累積投資契約)については考慮しないこと。また ...
30
金融商品の取引に係る各種法令に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」を犯罪収益移転防止法といい、「金融商品の販売等に関する法律」 ...
31
次のうち、所得税における非課税所得に該当するものはどれか。
32
所得税における青色申告者の事業所得の金額に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
33
所得税の各種所得の金額の計算上生じた次の損失の金額のうち、給与所得の金額と損益通算できるものはどれか。 ...
34
所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
35
平成29年分の所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、平成29年10月に住宅ローンを利用して居住用家屋を取得したものとす ...
36
法人税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
37
次に掲げる費用等のうち、法人税における各事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入されないものはどれか。 ...
38
消費税に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
39
会社と役員間の取引に係る所得税・法人税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
40
決算書および法人税申告書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
41
土地の価格に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
42
宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。 ...
43
不動産の売買契約上の留意点に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
44
借地借家法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、同法第22条の借地権を一般定期借地権といい、同法第22条から第24条の定期借地権等以外の借地権を普通借地権という。 ...
45
借地借家法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、同法における定期建物賃貸借契約を定期借家契約といい、それ以外の建物賃貸借契約を普通借家契約という。 ...
46
都市計画区域および準都市計画区域における建築基準法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
47
建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
48
不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
49
個人が居住用財産を譲渡した場合の譲渡所得の特例に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載されたもの以外の要件はすべて満たしているものとする。 ...
50
不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
51
民法で定める親族等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
52
贈与税の計算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
53
贈与税の申告と納付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
54
法定相続人および法定相続分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
55
民法上の遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
56
相続税の課税財産と非課税財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
57
次の費用等のうち、相続税の課税価格の計算上、相続財産の価額から債務控除できるものはどれか。なお、当該費用等は、相続により財産を取得した相続人が負担したものとし、被相続人および相続人は日本国内に住所があ ...
58
金融資産の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
59
不動産を相続した場合の相続税の納税資金対策に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
60
最新の相続・事業承継の動向に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...