とことん1問1答 (中小企業診断士 中小企業経営・政策)

正解率[要ログイン]

設問 1/3 [とことん1 問目] [平成19年度(2007) 試験(問3)]

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

なお、ここでは開業率を2001年時点の既存企業数に対する開業企業数の比率、廃業率を2001年時点の既存企業数に対する廃業企業数の比率と定義する。
総務省「事業所・企業統計調査」に基づく中小企業庁の推計によれば、2001年から2004年までの期間における非一次産業の年平均の廃業企業数は、開業企業数を約 [A] 万社上回っている。
廃業率は年平均 [B] %で過去最高の水準に達した。
ただし、①開業率も廃業率も地域や業種によって大きく異なる。
また、新規開業企業の多くは小規模であり、②会社形態ではなく個人事業として開業している。

(設問1)
文中の空欄AとBに入る最も適切な数値の組み合わせはどれか。

A:2
B:3.5

A:5
B:9.7

A:12
B:6.1

A:21
B:13.3

設問 2/3 [とことん1 問目] [平成19年度(2007) 試験(問3)]

文中の下線部①について、総務省「事業所・企業統計調査」に基づいて2001~2004年における非一次産業の企業の開業率と廃業率を都道府県別に見た場合、東京都、大阪府、愛知県などの大都市圏は地方圏と比較してどのように特徴づけられるか。最も適切なものを選べ。

大都市圏では開業率・廃業率ともに地方圏よりも高い。

大都市圏では開業率・廃業率ともに地方圏よりも低い。

大都市圏では開業率は地方圏よりも高いが、廃業率は地方圏よりも低い。

大都市圏では開業率は地方圏よりも低いが、廃業率は地方圏よりも高い。

設問 3/3 [とことん1 問目] [平成19年度(2007) 試験(問3)]

文中の下線部②について、総務省「事業所・企業統計調査」に基づいて2001~2004年における非一次産業の開業企業を経営組織別に見た場合、会社形態での開業の割合が最も高いのはどれか。

飲食店、宿泊業

卸売業

教育、学習支援業

小売業

解答

設問1 結果
正解
A:12
B:6.1
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
設問2 結果
正解
大都市圏では開業率・廃業率ともに地方圏よりも高い。
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
設問3 結果
正解
卸売業
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
設問 3 解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。