とことん1問1答 (中小企業診断士 中小企業経営・政策)

正解率[要ログイン]

設問 1/2 [とことん1 問目] [平成21年度(2009) 試験(問1)]

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

総務省「事業所・企業統計調査」に基づく中小企業庁の推計によると、2004年〜2006年を対象期間とした非一次産業全体の事業所単位での年平均の廃業率は6.5%であり、開業率の6.4%を上回る結果となっている。
これを2001年〜2004年を対象期間とした推計結果と比較すると、廃業率は [A] 、開業率は [B] となっている。
こうした廃業率が開業率を上回る傾向は、1989年〜1991年を対象期間とした調査以降、わが国においては一貫して観察される現象であるが、地域や業種によっても差異が見られることには留意する必要がある。


(設問1)
文中の空欄AとBに入る最も適切な語句の組み合わせはどれか。

A:上昇
B:低下 

A:上昇
B:横ばい 

A:低下
B:上昇 

A:横ばい
B:上昇 

A:横ばい
B:低下

設問 2/2 [とことん1 問目] [平成21年度(2009) 試験(問1)]

文中の下線部について、総務省「事業所・企業統計調査」に基づく中小企業庁の推計から、2004年~2006年を対象期間とした年平均の事業所単位での開業率と廃業率を業種別に比較した場合に、最も適切なものはどれか。

卸売業の開業率は製造業の開業率よりも高い。

サービス業の廃業率は小売業の廃業率よりも高い。

製造業の開業率はサービス業の開業率よりも高い。

製造業の廃業率は卸売業の廃業率よりも高い。

解答

設問1 結果
正解
A:横ばい
B:上昇 
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
設問2 結果
正解
卸売業の開業率は製造業の開業率よりも高い。
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
設問 2 解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。