とことん1問1答 (中小企業診断士 中小企業経営・政策)

正解率[要ログイン]

1 問目 (設問 1) [平成17年度(2005) 試験(問7)]

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

大企業と比べて経営資源が量的にも質的にも乏しい中小企業は、一般に競争上不利であると考えられるが、現実には多くの分野に多数の中小企業が存在している。
このような中小企業の存立は、いくつかの条件に依存している。
需要が [A] するほど [B] が働きにくくなり、中小企業が存立しやすくなる。
また、経済環境の変化が大きいほどさまざまな関連業務を [C] することが不利になり、大企業の優位性は相対的に [D] する。

(設問1)
文中の空欄A、Bに最も適切な語句の組み合わせはどれか。

A:均質化
B:規模の経済 

A:均質化
B:範囲の経済 

A:不均質化
B:規模の経済 

A:不均質化
B:範囲の経済

1 問目 (設問 2) [平成17年度(2005) 試験(問7)]

文中の空欄C、Dに最も適切な語句の組み合わせはどれか。

C:外部化
D:上 昇

C:外部化
D:低 下

C:内部化
D:上 昇

C:内部化
D:低 下

解答

設問1 結果
正解
設問2 結果
正解
設問 1 解説
この問題は解説を募集しております
設問 2 解説
この問題は解説を募集しております
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。