中小企業経営・政策 中小企業診断士のテスト対策・過去問一覧

頻出問題 情報

中小企業経営・政策 中小企業診断士 試験概要

経営の状況、状態を正しく分析するための知識を幅広く求められます。

受験資格

第1次試験の受験資格は、年齢、学歴等に制限はありません。

公式サイト

出題形式

多肢選択式(4択~8択程度)

試験時間

90分

合格基準

60%

受験料

13,000円(全科目申込)

試験日程

本年度の試験は終了し、次回が未定 もしくは、未登録です。
実施日一覧(過去開催含む)

出題範囲

(1)中小企業経営 

 中小企業経営 ① 経済・産業における中小企業の役割、位置づけ  各種統計等にみる中小企業、産業構造と中小企業、大企業と中小企業、 中小企業性業種、地域産業等 ② 中小企業の経営特性と経営課題  各種統計にみる中小企業経営の特徴、中小企業経営の特質と課題(経 営基盤、経営の多様性、中小企業の経営戦略、先進性と旧態性、経営 資源、ビジネスシステム、産業集積、商店街、中小企業の成長 等)、 業種・業態別経営特質と課題(製造業、卸売業、小売業、サービス業、 物流業、ベンチャー企業、下請企業、小規模企業 等)、中小企業の経 営環境と経営革新(経済事情、経営環境の変化、国際化、金融、労働、 環境・エネルギー、取引、経営革新への取り組み 等)、中小企業経営 に係る最近の動向(情報技術の活用、ネットワーク、産学官連携、海 外展開、創業、企業再生、知的財産権 等)
(2)中小企業政策 
中小企業政策 ① 中小企業に関する法規と政策  中小企業関連法規、中小企業政策の体系と内容(経営サポート、金融 サポート、財務サポート、商業・地域サポート、相談・情報提供)、中 小企業支援事業の実施体制と政策、中小企業経営と施策活用 ② 中小企業政策の役割と変遷
(3)その他中小企業経営・中小企業 政策に関する事項