過去問 一覧 | 中小企業診断士 中小企業経営・政策 平成26年度(2014) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。製造業、商業・サービス業(小売業、卸売業、各サービス業の総称)について、財務省「法人企業統計年報」に基づき、企業規模別の財務状況の中長期的な変化(1983年から2 ... 閲覧
2 総務省「平成21年経済センサス-基礎調査」に基づき、産業別に中小企業数を比較した場合、多いものから少ないものへと並べた組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。a 建設業b 製造業c 小 ... 閲覧
3 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。少子高齢化、人口減少が進展しているわが国経済が持続的成長を遂げるためには、高齢者や女性の労働市場への参入を促すとともに、企業の労働生産性を高めていくことが重要であ ... 閲覧
4 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業は地域経済における雇用の創出主体として重要な役割を担っている。総務省「平成21年経済センサス-基礎調査」によれば、全都道府県のうち①三大都市圏中心市の所在 ... 閲覧
5 小売業の経営分析を行う際に用いられる効率性を示す主指標のひとつに交差比率がある。交差比率の説明として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
6 経済産業省「商業統計表」に基づき、1991年から2007年までの期間について、小売業の事業所数、従業者数、年間商品販売額の推移について見た場合、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
7 企業の資金調達方法は、企業の外部から資金を調達する外部金融と、企業の内部資金を活用する内部金融に大別できる。外部金融として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
8 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。グローバル競争が激化する中で、わが国製造業の競争力の低下が懸念されている。とりわけ近年では、新興国企業に対して圧倒的な優位性を有してきた技術力についても、研究開発 ... 閲覧
9 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。わが国経済の活性化を図るためには、欧米に比べて低迷傾向にある起業活動をより活発なものにしていくことが望まれている。しかしながら、①起業形態は多様であり、起業家の属 ... 閲覧
10 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。事業環境が構造的にも変化する中で、中小企業にとって強みである機動性・柔軟性等を活かして、既存事業とは異なる事業分野・業種に進出する①新事業展開の重要性が増している ... 閲覧
11 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。経営資源の乏しい中小企業にとって、企業運営上、経営者の経営能力、意欲への依存度は非常に高いため、円滑な事業承継は企業存続に直結する問題である。近年の事業承継を取り ... 閲覧
12 情報技術(IT)はますます進歩しており、中小企業においてもITの導入・活用は避けられないものとなっている。中小企業庁「ITの活用に関するアンケート調査」(2012年11月)に基づき、ITの活用が必要と ... 閲覧
13 中小企業基本法の定義に基づく中小企業者に関する記述の正誤について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。a 従業員数80人で資本金が8千万円の飲食業は、中小企業に該当する。b 従業員数 ... 閲覧
14 次の中小企業基本法の基本理念に関する文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業基本法では、中小企業を「多様な事業の分野において [A] を行い、多様な就業の機会を提供し、個人がその能力を発揮しつつ事業 ... 閲覧
15 小規模企業は、地域の経済や雇用を支える存在として重要な役割を果たすとともに、その成長によって日本経済全体を発展させる重要な意義を有している。しかし、小規模企業は、資金や人材等の経営資源の確保が特に困難 ... 閲覧
16 A県にて製造業を営む中小企業者が共同で事業環境の改善に取り組むために、県内において「高度化事業」の実施を計画している。中小企業者から「高度化事業」に関する相談を受けた中小企業診断士B氏のアドバイスとし ... 閲覧
17 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。小規模企業共済制度は、共済契約者が独立行政法人中小企業基板整備機構(中小機構)に掛金を納付し、中小機構がこれらの掛金を運用した上で、共済金等を給付する制度である。 ... 閲覧
18 日本政策金融公庫の「再チャレンジ支援融資制度」は、一旦事業に失敗したことにより、再起を図る上で困難な状況に直面している中小企業を対象とした融資制度である。この制度の融資対象となるために必要な要件として ... 閲覧
19 次の文章の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。「地域商店街活性化事業」は、商店街組織が[A]の担い手として実施する、継続的な集客促進、需要喚起、商店街の体質強 ... 閲覧
20 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。下請代金支払遅延等防止法(下請代金法)は、親事業者の不公正な取引を規制し、下請事業者の利益を保護することを図るものである。 [A] と [B] は、親事業者が下請 ... 閲覧
21 商業に関連する中小企業施策は、時代に応じて拡充されてきた。下記のa〜cの法律に関する記述について、制定の古いものから順に正しく並べたものを下記の解答群から選べ。 a地域住民の生活の向上や交流の促進に寄 ... 閲覧
22 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。各地域の「強み」である地域資源を活用して新商品や新サービスの開発・市場化を行う中小企業者に対して、中小企業地域資源活用促進法に基づく支援の他、様々な支援が展開され ... 閲覧
23 これから創業するA氏は、創業資金の借り入れについて、中小企業診断士のB氏に相談を行った。B氏は、A氏に日本政策金融公庫の「新創業融資制度」を紹介することにした。この制度に関する、B氏のA氏への説明とし ... 閲覧
24 LLP(有限責任事業組合)は、共同事業の組織として創設された制度である。技術やビジネスアイデアを持つ個人が共同経営者としてパートナーシップを組む場合や、中小企業同士の連携事業、中小企業と大企業の連携事 ... 閲覧
25 創業を行うための支援策のひとつとして、「創業促進補助金」がある。この補助金に関する説明として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
26 技術研究組合制度は、各企業や大学・公的研究機関等が組合員となって技術研究組合を設立し、事業を実施するために必要な資金、知的財産、研究者等を出し合って、組合員に共通する技術課題について共同研究を行うため ... 閲覧
27 次の文章の空欄に入る語句として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。中小企業新事業活動促進法では「経営革新」を、「事業者が新事業活動を行うことにより、その経営の相当程度の向上を図ること」と定義してい ... 閲覧
28 世代の交代期を迎えた中小企業の後継者が事業承継した場合、相続税、贈与税、または所得税の特例措置を受けることができる。事業承継円滑化のための税制措置として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
29 海外展開事業化可能性調査(F/S)支援事業は、海外市場での事業展開に向けて、事前市場調査、海外現地調査を通じた海外展開事業計画の策定を支援するものである。この事業に関する記述として、最も不適切なものは ... 閲覧