過去問 一覧 | 中小企業診断士 中小企業経営・政策 平成25年度(2013) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 次の文章の空欄A〜Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。財務省「法人企業統計年報」に基づき、中小企業(非一次産業)の財務指標の推移を2008年度から2010年度の期間に ... 閲覧
2 総務省「2009年経済センサス−基礎調査」に基づき、企業ベースで、産業別規模別従業者数(民営、非一次産業)を見た場合に、中小企業の構成比率が高いものから低いものへと並べた組み合わせとして、最も適切なも ... 閲覧
3 次の文章の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。中小企業の経営は実に多様である。経営者や家族の生計の維持を主な目的とする [A] を行う企業もあれば、成長志向・ ... 閲覧
4 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。①中小製造業はわが国産業の基盤的存在としてきわめて重要である。大手製造業の生産を支えるサポーティングインダストリーとしての役割にとどまらず、大手製造業が手掛けない ... 閲覧
5 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。新興国市場が拡大する一方で、国内需要の停滞や取引先の海外移転が進む中、海外展開に対する関心が高まっている。現在のところ、資金、販路、人材、現地情報の確保等が障壁と ... 閲覧
6 東日本大震災以降、購入電力使用の多い業種を中心に、電力需要のひっ迫、電気料金の引き上げ等が企業経営に与える影響が懸念されている。経済産業省「2009年工業統計表」に基づき、製造業の規模別・業種別に購入 ... 閲覧
7 経済産業省「2010年企業活動基本調査」に基づき、企業規模別・業種別に、日本企業が保有する海外子会社の地域構成と地域別の中小企業の海外子会社の業種構成を見た場合、最も適切なものはどれか。ここで海外子会 ... 閲覧
8 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。起業は、産業構造に絶え間のない新陳代謝をもたらして経済成長をけん引するとともに、雇用を創出し、社会の多様性を生み出すという点でも大きな意義を有しているが、①国際的 ... 閲覧
9 内閣府によれば、求職活動をしていないものの、就業を希望している女性の非労働力人口は、約342万人存在すると推計されている(内閣府「2011年版男女共同参画白書」)。こうした女性の就業促進を図ることは、 ... 閲覧
10 近年の中小企業の国内外における特許出願件数の推移を見た場合、最も適切なものはどれか。ここでは中小企業が2009年から2011年に行った国内特許出願件数と海外特許出願件数(海外特許出願のうち特許協力条約 ... 閲覧
11 東京商工リサーチ「全国企業倒産白書」に基づき、2001年から2011年の期間についての企業倒産動向(ただし負債金額1,000万円以上)を見た場合、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
12 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業の財務構造を大企業と比較した場合、①金融機関借入比率は高く、自己資本比率は低いことが指摘できる。この要因のひとつとして、②情報の非対称性が大きく、信用力の ... 閲覧
13 わが国の中小企業金融においては、公的な信用補完制度が大きな役割を果たしている。信用補完制度に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
14 東日本大震災を契機として、従業員の生命と会社の財産を守るために、中小企業においてもBCP(事業継続計画)の重要性が改めて認識された。中小企業庁「中小企業BCPガイド(2008年3月)」におけるBCP策 ... 閲覧
15 経営資源の限られる中小企業にとって、金融機関、特に地域の金融機関と良好な関係を築くことは重要であるが、同じ金融機関でも業態によって制度的な相違点がある。地域金融機関である信用金庫と信用組合について見た ... 閲覧
16 中小企業基本法の定義に基づく、小規模企業者と中小企業者に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
17 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業基本法では、中小企業政策において特に重点的に支援をしていく施策対象及び事業活動の支援を、基本方針として以下のとおり規定している。1.中小企業者の経営の革新 ... 閲覧
18 関東地方のX県で洋菓子小売業(従業員3人)を営むA氏は、経営を改善するための資金を必要としている。A氏から相談を受けた中小企業診断士のB氏は、小規模事業者経営改善資金融資(マル経)制度を紹介することに ... 閲覧
19 「中小企業憲章」では、政府の中小企業政策の具体的な取り組みの柱として、8つの「行動指針」を定めている。 この行動指針にあげられているものとして、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
20 中小企業A社の社長は、「取引先企業の倒産によって自らも連鎖倒産や経営危機に陥る事態を防止したい」と考えている。この社長から相談を受けた中小企業診断士のB氏は、「中小企業倒産防止共済制度」を紹介すること ... 閲覧
21 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。「①中小ものづくり高度化法」は、高度なものづくり基盤技術を有する中小企業者の存在がわが国製造業を支えていることを踏まえ、「ものづくり基盤技術」の高度化への研究開発 ... 閲覧
22 日本政策金融公庫の「女性、若者/シニア起業家支援資金」の貸付対象者になるものとして、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
23 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業新事業活動促進法は、創業の支援、中小企業の経営革新、異分野の中小企業の連携による新事業分野開拓の支援を行う等により、中小企業の新たな事業活動の促進を図るこ ... 閲覧
24 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。JAPANブランド育成支援事業は、自らが持つ素材や技術等の強み・弱みを踏まえた戦略に基づいて行う商品の開発や、海外見本市への出展等を行うプロジェクトを支援すること ... 閲覧
25 次の文章の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。下請中小企業振興法に基づいて、経済産業大臣は、下請中小企業の振興を図るため「振興基準」を定めている。振興基準の主 ... 閲覧
26 部品製造業(従業員10人)のA社の経営者は、親企業との取引に関して、「代金の入金が遅れる」、「代金の値引きを要求される」という悩みを抱えている。この経営者から相談を受けた中小企業診断士のB氏は。下請か ... 閲覧
27 カウンセリング等の就職支援や中小企業の魅力発信等の人材確保支援をワンストップで提供するため、各都道府県には「ジョブカフェ」が設置されている。 「ジョブカフェ」に関する記述として、最も適切なものはどれか ... 閲覧
28 中小企業者には、税制上の様々な特別措置がある。中小企業に適用される税制に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
29 「商業活性化アドバイザー派遣事業」は、商業活性化の取り組みを行う際に、専門家によるアドバイスを受けることができる事業である。この事業に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
30 中小企業等協同組合制度は、中小企業等協同組合法に基づくもので、中小規模の事業者、勤労者等が、組織化し、相互扶助の精神に基づき、協同して事業に取り組むことによって、技術・情報・人材等お互いの不足する経営 ... 閲覧
31 「新事業創出支援事業」は、中小企業者等の事業計画作りから、販路開拓に至るまで、一貫して支援する制度である。マーケティング等に精通した専門家が、事業段階に応じ支援を行う。なお、この事業の対象となるのは、 ... 閲覧
32 「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」は、中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関(認定支援機関)等と連携しつつ、ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作品の開発や設備 ... 閲覧