過去問 一覧 | 中小企業診断士 中小企業経営・政策 平成23年度(2011) 試験

問題番号 問題文 問題閲覧
1 次の文中の空欄AとBに入る最も適切な語句の組み合わせを下記の解答群から選べ。少子高齢化やデフレの進展等に加え、インターネットを経由した電子商取引の本格的な普及も相まって、既存の小売業を取り巻く事業環境 ... 閲覧
2 総務省「2006年事業所・企業統計調査」に基づき、会社と個人事業所の常用雇用者数(民営、非一次産業)を都道府県別企業規模別に見た場合、次の都府県を、常用雇用者数全体に占める中小企業の構成比率が高いもの ... 閲覧
3 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業庁「商店街実態調査」は商店街の景況、空き店舗の状況、抱える課題等について調査するものである。この調査に基づき、2006年度と2009年度の商店街の推移を見 ... 閲覧
4 経済産業省「工業統計表」に基づき、1995年から2008年までの製造業の出荷額の推移を見た場合に、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
5 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業と大企業を比較すると財務・損益面でも多くの違いが指摘できる。資金調達構成を見ても、中小企業は大企業に比べ借入金依存度が高く、金融機関の貸出姿勢の変化は中小 ... 閲覧
6 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。エネルギー資源の制約が顕在化し、地球温暖化問題への対応の重要性が増す中で、今後、中小企業に対しても、省エネルギー(以下「省エネ」という。)の一層の推進および①二酸 ... 閲覧
7 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(2006年12月中位推計)」によると、①2035年の総人口は1億1,067万人、そのうち生産年齢人口(15~64 ... 閲覧
8 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。経済のグローバル化の進展を受けて、中小企業においても輸出額や直接投資による海外子会社を保有する企業の割合が増加する等、国際化は着実に進展している。しかしながら、経 ... 閲覧
9 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業庁が総務省「事業所・企業統計調査」に基づき試算している事業所数(民営、非一次産業)を基にした開業率・廃業率の推移を見ると、わが国では1989年〜1991年 ... 閲覧
10 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業診断士X氏は、顧問先の中小企業である機械部品製造業者Y社社長から、「取引先の生産活動が海外シフトしているのに対応して、自社でも海外生産法人の設立を検討して ... 閲覧
11 中小企業白書(2010)は、産業集積内の企業の取引構造を分析したヒエラルキー図を作成している。わが国有数の産業集積として中小製造業が多く立地する浜松市と東大阪市における企業の地域内の取引構造に関する記 ... 閲覧
12 中小企業基本法の定義に基づく、中小企業者と小規模企業者に関する記述の正誤について、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。a 資本金1億円で従業員数が30人の食品小売業者は中小企業者に該当し ... 閲覧
13 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。平成22年6月、中小企業政策の基本的な考え方と方針を明らかにした「中小企業憲章」が閣議決定された。この憲章は、中小企業の歴史的な位置付けや、今日の中小企業の経済的 ... 閲覧
14 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業新事業活動促進法は、中小企業の新たな事業活動を総合的に支援し、その促進を図る法律であり、①中小企業基本法が掲げる理念を具体化するための作用法であるという位 ... 閲覧
15 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業新事業活動促進法における「経営革新」とは、事業者が新事業活動を行うことにより、その経営の相当程度の向上を図ることをいう。経営革新は、定量的な経営目標を定め ... 閲覧
16 小規模企業共済制度は、小規模企業共済法に基づく共済制度である。この制度に関して、下記の設問に答えよ。(設問1)小規模企業共済制度の加入対象となる者として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
17 次の文章の空欄AとBに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。中小企業者等は税制上の様々な特別措置を受けることができる。たとえば、中小企業(資本金1億円以下の法人企業)は、年所得 [A] ... 閲覧
18 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。中小企業投資促進税制は、青色申告書を提出する個人事業者または資本金1億円以下の中小企業等について、①対象となる設備・資産を導入した場合、②税制の特別措置を受けるこ ... 閲覧
19 有限責任事業組合(LLP)は、「有限責任事業組合契約に関する法律」(LLP法)に基づく、共同事業のための事業体制度である。LLPに関する記述として、最も不適切なものはどれか。 ... 閲覧
21 次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」では、製造業の国際競争力強化や新たな事業の創出を促進するために、[ ]製品を製造するうえで、基盤となる「特定も ... 閲覧
22 中小商業活力向上事業は、商店街等が地域コミュニティの担い手として実施する、社会課題に対応した集客力向上または売上増加の効果のある取り組みを支援することにより、商店街の活性化を図ることを目的とするもので ... 閲覧
23 地域間交流支援事業(Regional Industry Tie-Up Program)は、海外との産業交流を通じた地域産業の国際ビジネス促進支援を行うものである。この事業に関する記述として、最も不適切 ... 閲覧
24 中小企業の組織化を図るための手段として、中小企業組合(企業組合、協業組合、事業協同組合、商店街振興組合など)、共同出資会社による会社、任意グループ等の手段がある。 下線部の組合制度の中で、7人以上の発 ... 閲覧
25 次の文章の空欄に入る最も適切なものを下記の解答群から選べ。緊急事態は突然発生する。有効な手を打つことができなければ、とくに中小企業は、経営基盤がぜい弱なため、廃業に追い込まれる恐れがある。「中小企業B ... 閲覧