とことん1問1答 (中小企業診断士 経営情報システム)

正解率[要ログイン]

[とことん1 問目] [平成22年度(2010) 試験(問15)]

情報システム開発において、発注者と開発者とのコミュニケーションを円滑に行うために、また迅速で間違いのないシステム開発のために、多様なダイヤグラムが用いられるようになってきた。これに関する記述として、最も不適切なものはどれか

ER図とは、データ中心設計法で用いられる表記法で、データ間の関連を描画する。 

UMLとは、オブジェクト指向開発において利用される統一表記法である。 

ネットワーク図とは、オブジェクト間の関係とメッセージフロー等を構造的に表現する、UMLのダイヤグラムの1つである。 

ユースケース図とは、システムにはどのような利用者がいるのか、その利用者がどのような操作をするのかを記述する、UMLのダイヤグラムの1つである。

解答

設問1 結果
正解
ネットワーク図とは、オブジェクト間の関係とメッセージフロー等を構造的に表現する、UMLのダイヤグラムの1つである。 
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。