とことん1問1答 (中小企業診断士 企業経営理論)

正解率[要ログイン]

1 問目 [平成15年度(2003) 試験(問1)]

下請の再編が活発になっているとはいえ、欧米に比べてわが国の下請企業の親企業との取引関係は安定的で、継続される傾向が強い。その理由として最も適切なものはどれか。

下請関係では、株式の相互持合いが前提になっているから。 

多数の取引先企業のうち、最も安価な納入単価の企業だけが生き残るから。 

特殊化した生産技術によって結ばれているため、親企業が下請企業を切り替えると不利益になるから。 

取引相手の選別に取引コストがかかりすぎるので、既存の取引が温存されるから。

解答

設問1 結果
正解
解説
この問題は解説を募集しております
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。