とことん1問1答 (中小企業診断士 経済学・経済政策)

正解率[要ログイン]

[とことん1 問目] [平成15年度(2003) 試験(問21)]

ある個人の所得Mのときの効用関数U(M)が、下図のように表されるものとする。


図から、この個人は危険 [①] 的であるといえる。
この個人が、確率 1/2 で2,000円を手に入れることができ、確率 1/2 で何も得られない賭けに挑戦する場合を考える。
この賭けの [②] は1,000円で、リスク・プレミアムは線分 [③] で表される。
文中の空欄①、②、③に当てはまる組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

①:愛好
②:所得の割引現在価値
③:CEの長さ

①:愛好
②:所得の期待効用値
③:DEの長さ

①:回避
②:確実性等価
③:DEの長さ

①:回避
②:所得の期待値
③:CEの長さ

解答

設問1 結果
正解
①:回避
②:所得の期待値
③:CEの長さ
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。