過去問 一覧 | ファイナンシャルプランナー 2級 平成29年度(2017) 9月試験

問題番号 問題文
1 ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、職業倫理や関連法規に照らし、最も適切なものはどれか。 ...
2 文部科学省が調査を行っている「子供の学習費調査」による子ども1人当たりの学習費の1年間の支出金額についての下記<資料>に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
3 ライフプランニングにおける各種係数を用いた必要額の算出に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、算出に当たっては下記<資料>の係数を乗算で使 ...
4 公的医療保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
5 雇用保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
6 老齢厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
7 障害基礎年金および障害厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
8 確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
9 日本学生支援機構の貸与型奨学金および日本政策金融公庫の教育一般貸付(以下「国の教育ローン」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
10 下記<物品販売業A社の損益計算書>の勘定科目に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
11 生命保険契約に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
12 死亡保障を目的とする生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。 ...
13 生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
14 個人年金保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、契約者(=保険料負担者)、被保険者および年金受取人は同一人の個人であるものとする。 ...
15 契約者(=保険料負担者)を法人、被保険者を役員とする生命保険契約の経理処理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。 ...
16 地震保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
17 任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。 ...
18 傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。 ...
19 地震保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
20 生命保険を利用した家庭のリスク管理のアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
21 日本円・米ドル間の為替相場の変動要因に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
22 上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
23 一般的な固定利付債券の利回りと価格の関係等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
24 表面利率1%、発行価格が額面100円当たり99円50銭、償還年限が10年の固定利付債券を購入し、4年間保有して額面100円当たり100円25銭で売却した。この場合の所有期間利回りとして、正しいものはど ...
25 株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
26 金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
27 下記<資料>に基づくファンドAとファンドBの過去5年間の運用パフォーマンスの比較評価に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。<資料>ファンドAと ...
28 平成29年におけるNISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、NISAにより投資収益が非課税となる口座をNISA口座という。 ...
29 わが国における個人による金融商品取引に係るセーフティネットに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
30 日本銀行の金融政策に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。日本銀行は平成28年9月、2%の「物価安定の目標」をできるだけ早期に実現するため、「長 ...
31 所得税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
32 所得税における各種所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
33 所得税における利子所得および配当所得に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
34 Aさんの平成29年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の所得税における総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする ...
35 所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
36 平成29年分の所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、平成29年4月に住宅ローンを利用して家屋を取得したものとする。 ...
37 法人税の損金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
38 旅館業を営むX社が受け取る次の金銭のうち、消費税の課税対象とされるものとして、最も適切なものはどれか。 ...
39 会社と役員間の取引に係る所得税・法人税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
40 決算書の分析に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
41 不動産の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
42 宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
43 借地借家法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、同法第22条から第24条の定期借地権等以外の借地権を普通借地権という。 ...
44 都市計画法における開発行為および開発許可に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
45 都市計画区域および準都市計画区域内における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
46 建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
47 不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
48 個人が土地を譲渡したことによる譲渡所得に係る所得税の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
49 土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本人とは有効活用する土地の所有者のことである。有効活用の ...
50 不動産の投資判断手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
51 親族等に係る民法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
52 贈与税の非課税財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
53 贈与税の申告と納付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
54 遺産分割に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
55 次のうち、相続税の課税対象とならないものはどれか。
56 相続税における取引相場のない株式の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
57 相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
58 相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
59 遺産分割対策に関する次の一般的な記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
60 相続税の納税資金対策に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...