前の問題次の問題

システム監査技法である ITF (Integrated Test Facility)法の説明はどれか。

選択肢 ア

監査機能をもったモジュールを監査対象プログラムに組み込んで実環境下で実行し、抽出条件に合った例外データ、異常データなどを収集し、監査対象プログラムの処理の正確性を検証する方法である。

選択肢 イ

監査対象ファイルにシステム監査人用の口座を設け、実稼働中にテストデータを入力し、その結果をあらかじめ用意した正しい結果と照合して、監査対象プログラムの処理の正確性を検証する方法である。

選択肢 ウ

システム監査人が準備した監査用プログラムと監査対象プログラムに同一のデータを入力し、両者の実行結果を比較することによって、監査対象プログラムの処理の正確性を検証する方法である。

選択肢 エ

プログラムの検証したい部分を通過したときの状態を出力し、それらのデータを

[出典:情報処理技術者試験 システム監査技術者 平成31年度(2019) 春期 問2]

解答

正解
難易度
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • user
    yy18
    選択肢エの記載が途中で終わってます。
    2020-03-23 05:33:26
※ コメントには[ログイン]が必要です。