プロジェクトマネージャ 情報処理技術者試験のテスト対策・過去問一覧

受験者数と合格率推移

受験者数と合格者数

合格率

プロジェクトマネージャ 情報処理技術者試験 試験概要

1.対象者像
高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者

2.役割と業務
情報システム又は組込みシステムのシステム開発プロジェクトの責任者として、当該プロジェクトを計画、実行、管理する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。 

 (1) 必要に応じて個別システム化構想・計画の策定を支援し、策定された個別システム化構想・計画に基づいて、当該プロジェクトの実行計画をプロジェクト計画として立案する。
 (2) 必要となる要員や資源を確保し、プロジェクト体制を確立する。
 (3) 予算、工程、品質などを管理し、プロジェクトを円滑に運営する。進捗状況を把握し、問題や将来見込まれる課題を早期に把握・認識し、適切な対策・対応を実施することによって、プロジェクトの目標を達成する。
 (4) プロジェクトの上位者及び関係者に、適宜、プロジェクトの実行計画、進捗状況、課題と対応策などを報告し、支援・協力を得て、プロジェクトを円滑に運営する。
 (5) プロジェクトの工程の区切り及び全体の終了時、又は必要に応じて適宜、プロジェクトの計画と実績を分析・評価し、プロジェクトのその後の運営に反映するとともに、ほかのプロジェクトの参考に資する。

3.期待する技術水準
プロジェクトマネージャの業務と役割を円滑に遂行するため、次の知識・実践能力が要求される。

 (1) 組織運営及びシステム全般に関する基本的な事項を理解している。
 (2) 個別システム化構想・計画及びプロジェクトへの期待を正しく認識し、実行可能なプロジェクト計画を立案できる。
 (3) 前提・制約条件の中で、プロジェクトの目標を確実に達成できる。
 (4) 要員・資源・予算・工程・品質などを管理し、プロジェクトの全体意識を統一して、プロジェクトを運営できる。
 (5) プロジェクトの進捗状況や将来見込まれるリスクを早期に把握し、適切に対応できる。
 (6) プロジェクトの計画・実績を適切に分析・評価できる。また、その結果をその後のプロジェクトの運営に活用できるとともに、ほかのプロジェクトの参考に資することができる。

受験資格

特に無し

出題形式

午前1:多肢選択式(四肢択一)

午前2:多肢選択式(四肢択一)
午後1:記述式(出題数3問、解答2問)
午後2:論述式

試験時間

午前1:50分

午前2:40分
午後1:90分
午後2:120分

合格基準

・60%

・論述問題は A判定(A~D)

受験料

5,700円(消費税込み)

試験日程

試験名 実施日
合格発表日
開催場所
平成30年度(2018) 秋期 2018-10-21
北海道(札幌、函館、帯広、旭川)、東北(青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山)、関東(水戸、土浦、宇都宮、前橋、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木)、中部(新潟、長岡、富山、金沢、福井、甲府、長野、岐阜、静岡、浜松、名古屋、豊橋)、近畿(四日市、滋賀、京都、大阪、神戸、姫路、奈良、和歌山)、中国(鳥取、松江、岡山、広島、福山、山口)、四国(徳島、高松、松山、高知)、九州(福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇)
実施日一覧(過去開催含む)

出題範囲

【午後】

1 プロジェクトの立上げ・計画に関すること
  プロジェクト,プロジェクトマネジメント,プロジェクトの環境,プロジェクトガバナンス,プロジェクトライフサイクル,プロジェクトの制約,プロジェクト憲章の作成,ステークホルダの特定,プロジェクトチームの結成,スコープの定義,要求事項と見積り,WBS の作成,アクティビティの定義,資源の見積り,プロジェクト組織の決定,アクティビティの順序付け,アクティビティ期間の見積り,スケジュールの作成,コストの見積り,予算の編成,リスクの特定,リスクの評価,品質の計画,調達の計画,コミュニケーションの計画,プロジェクト計画の作成,提案依頼書(RFP),関連法規・標準 など
2 プロジェクトの実行・コントロールに関すること
  プロジェクト作業の指揮,プロジェクト作業のコントロール,変更のコントロール,ステークホルダの管理,スコープのコントロール,プロジェクトチームの育成,資源のコントロール,プロジェクトチームの管理,スケジュールのコントロール,コストのコントロール,リスクへの対応,リスクのコントロール,品質保証の実施,品質コントロールの実施,サプライヤの選定,機密・契約管理,調達の管理,情報の配布,コミュニケーションの管理,プロジェクトに関する内部統制 など
3 プロジェクトの終結に関すること
  プロジェクト評価手法と適用技術,プロジェクト完了後の評価指標,プロジェクト計画と実績の差異分析,検収結果の評価,契約遵守状況評価,学んだ教訓の収集,プロジェクト完了報告の取りまとめ,プロジェクトフェーズ又はプロジェクトの終結 など