過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 プロジェクトマネージャ 平成22年度(2010) 春期

受験者数

12,463人

合格者数

1,613人

合格率

13%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 PMBOKのプロジェクト憲章は,何のために発行するのか。 閲覧
2 COCOMOにはシステム開発の工数を見積もる式の一つに  MM=3.0×(KDSI)1.12 がある。開発規模(KDSI)と開発生産性(KDSI/MM)の関係を表したグラフはどれか。ここで ... 閲覧
3 PMBOKのプロジェクトスコープマネジメントにおいて作成するプロジェクトスコープ記述書の説明のうち,適切なものはどれか。 ... 閲覧
4 工程管理図表の特徴に関する記述のうち,ガントチャートの特徴はどれか。 ... 閲覧
5 クリティカルチェーン法の説明はどれか。 閲覧
6 システムを開発するときの費用管理と進捗管理を同時に行うために,トレンドチャートを用いる。マイルストーンの予定の位置から実績の位置に結んだ矢印が垂直に下に向かっているときの費用と進捗に関する状況説明とし ... 閲覧
7 プロジェクト期間の80%を経過した時点での進捗率が70%,発生したコストは8,500万円であった。完成時総予算は1億円であり,プランドバリューはプロジェクトの経過期間に比例する。このときの適切な分析結 ... 閲覧
8 過去のプロジェクトの開発実績から構築した作業配分モデルがある。システム要件定義からシステム内部設計までをモデルどおりに228日で完了してプログラム開発に入り,200本のプログラムのうち100本のプログ ... 閲覧
9 情報システムの企画,開発,運用,保守作業にかかわる国際標準の一つであるSPA(Software Process Assessment)の説明として,適切なものはどれか。 ... 閲覧
10 JIS X 0129-1で定義されたソフトウェアの品質特性の説明のうち,適切なものはどれか。 ... 閲覧
11 品質の定量評価の指標のうち,ソフトウェアの保守性の評価指標になるものはどれか。 ... 閲覧
12 マグレガーのY理論の考え方はどれか。 閲覧
13 データのグラフ化のうち,適切なものはどれか。 閲覧
14 PMBOKのリスクマネジメントでは,定性的リスク分析でリスク対応計画の優先順位を設定し,定量的リスク分析で数値によるリスクの等級付けを行う。定性的リスク分析で使用されるものはどれか。 ... 閲覧
15 要件定義フェーズにおいてBPMN(Business Process Modeling Notation)を導入する効果として,適切なものはどれか。 ... 閲覧
16 論理データモデル作成におけるトップダウンアプローチ,ボトムアップアプローチに関する記述として,適切なものはどれか。 ... 閲覧
17 次のクラス図におけるクラス間の関係の説明のうち,適切なものはどれか。 ... 閲覧
18 SOA(Service Oriented Architecture)の説明はどれか。 閲覧
19 リバースエンジニアリングの説明はどれか。 閲覧
20 情報システムの設計において,フェールソフトが講じられているのはどれか。 ... 閲覧
21 ITILv3における変更管理プロセスの考え方のうち,適切なものはどれか。 閲覧
22 システムの非機能要件はどれか。 閲覧
23 経済産業省の"情報システム・モデル取引・契約書"によれば,ユーザとベンダ間で請負型の契約を推奨しているフェーズはどれか。 ... 閲覧
24 プロジェクトマネージャのP氏は,A社から受託予定のソフトウェア開発を行うために,X社から一時的な要員派遣を受けることを検討している。労働者派遣法に照らして適切なものはどれか。 ... 閲覧
25 OECDの"プライバシー保護ガイドライン"の原則を適切に説明したものはどれか。 ... 閲覧