データベーススペシャリスト 情報処理技術者試験のテスト対策・過去問一覧

受験者数と合格率推移

受験者数と合格者数

合格率

データベーススペシャリスト 情報処理技術者試験 試験概要

1.対象者像
高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者

2.役割と業務
データ資源及びデータベースを企画・要件定義・開発・運用・保守する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する。

 (1) データ管理者として、情報システム全体のデータ資源を管理する。
 (2) データベースシステムに対する要求を分析し、効率性・信頼性・安全性を考慮した企画・要件定義・開発・運用・保守を行う。
 (3) 個別システム開発の企画・要件定義・開発・運用・保守において、データベース関連の技術支援を行う。

3.期待する技術水準
高品質なデータベースを企画、要件定義、開発、運用、保守するため、次の知識・実践能力が要求される。

 (1) データベース技術の動向を広く見通し、目的に応じて適用可能な技術を選択できる。
 (2) データ資源管理の目的と技法を理解し、データ部品の標準化、リポジトリシステムの企画・要件定義・開発・運用・保守ができる。
 (3) データモデリング技法を理解し、利用者の要求に基づいてデータ分析を行い、正確な概念データモデルを作成できる。
 (4) データベース管理システムの特性を理解し、高品質なデータベースの企画・要件定義・開発・運用・保守ができる。

受験資格

特に無し

出題形式

午前1:多肢選択式(四肢択一)

午前2:多肢選択式(四肢択一)
午後1:記述式(出題数3問、解答2問)
午後2:記述式(出題数3問、解答1問)

試験時間

午前1:50分

午前2:40分
午後1:90分
午後2:120分

合格基準

60%

受験料

5,700円(消費税込み)

試験日程

試験名 実施日
合格発表日
開催場所
平成30年度(2018) 秋期 2018-10-21
北海道(札幌、函館、帯広、旭川)、東北(青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山)、関東(水戸、土浦、宇都宮、前橋、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木)、中部(新潟、長岡、富山、金沢、福井、甲府、長野、岐阜、静岡、浜松、名古屋、豊橋)、近畿(四日市、滋賀、京都、大阪、神戸、姫路、奈良、和歌山)、中国(鳥取、松江、岡山、広島、福山、山口)、四国(徳島、高松、松山、高知)、九州(福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇)
実施日一覧(過去開催含む)

出題範囲

【午後】

1 データベースシステムの企画・要件定義・開発に関すること
  データベースシステムの計画,要件定義,概念データモデルの作成,コード設計,物理データベースの設計・構築,データ操作の設計,アクセス性能見積り,セキュリティ設計 など
2 データベースシステムの運用・保守に関すること
  データベースの運用・保守,データ資源管理,パフォーマンス管理,キャパシティ管理,再編成,再構成,バックアップ,リカバリ,データ移行,セキュリティ管理 など
3 データベース技術に関すること
  リポジトリ,関係モデル,関係代数,正規化,データベース管理システム,SQL,排他制御,データウェアハウス,その他の新技術動向 など