前の問題次の問題

固定資産管理システムに係る IT全般統制として、最も適切なものはどれか。

選択肢 ア

会計基準や法人税法などの改正を調査した上で、 システムの変更要件を定義し、承認を得る。

選択肢 イ

固定資産情報の登録に伴って耐用年数をシステム入力する際に、法人税法の耐用年数表との突合せを行う。

選択肢 ウ

システムで自動計算された減価償却費のうち、製造原価に配賦されるべき金額の振替仕訳伝票を起票する。

選択肢 エ

システムに登録された固定資産情報と固定資産の棚卸結果とを照合して、除却・売却処理に漏れがないことを確認する。

[出典:情報処理技術者試験 システム監査技術者 平成31年度(2019) 春期 問7]

解答

正解
難易度
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。