前の問題次の問題

JIS Q 27000:2014 (情報セキュリティマネジメントシステムー用語)における情報セキュリティリスクに関する記述のうち、適切なものはどれか。ぜい ロスコー

選択肢 ア

脅威とは、一つ以上の要因によって悪用される可能性がある、資産又は管理策の弱点のことである。

選択肢 イ

脆弱性とは、システム又は組織に損害を与える可能性がある、望ましくないインシデントの潜在的な原因のことである。

選択肢 ウ

リスク対応とは、リスクの大きさが、受容可能か又は許容可能かを決定するたLTETめに、リスク分析の結果をリスク基準と比較するプロセスのことである。

選択肢 エ

リスク特定とは、リスクを発見、認識及び記述するプロセスのことであり、リスク源、事象、それらの原因及び起こり得る結果の特定が含まれる。

[出典:情報処理技術者試験 システム監査技術者 平成31年度(2019) 春期 問20]

解答

正解
難易度
取組履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • user
    yy18
    問題文、選択肢に誤字があります。
    2020-03-23 05:29:27
※ コメントには[ログイン]が必要です。