とことん1問1答 (情報処理技術者試験 基本情報技術者)

正解率[要ログイン]

[とことん1 問目] [平成17年度(2005) 春期(問66)]

コンピュータウイルス対策で用いられるウイルス定義ファイルに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ウイルス対策ソフトに含まれているファイルであり,ウイルスに感染したファイルを修復するために使用する。

既知ウイルスのシグネチャコードを記録したファイルであり,ウイルス対策ソフトがウイルス検出時に使用する。

既知ウイルスのプログラムコードを記録したファイルであり,ウイルスを再現し,動作を監視するために使用する。

復旧のためのファイルであり,ウイルスによってデータファイルが破壊されたときに使用する。

解答

設問1 結果
正解
既知ウイルスのシグネチャコードを記録したファイルであり,ウイルス対策ソフトがウイルス検出時に使用する。
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。