とことん1問1答 (情報処理技術者試験 基本情報技術者)

正解率[要ログイン]

1 問目 [平成19年度(2007) 秋期(問39)]

プログラムの各種特性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

再帰的処理のためには,実行途中の状態をFIFO方式で記録し,制御する必要がある。

再入可能プログラムを実現するためには,プログラムを手続部分とデータ部分に分割して,データ部分をプロセスごとにもつ必要がある。

逐次再使用可能なプログラムは,再入可能でもある。

複数のプロセスで同時に実行できるようにしたプログラムは,再帰的である。

解答

設問1 結果
正解
解説
この問題は解説を募集しております
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。