とことん1問1答 (情報処理技術者試験 基本情報技術者)

正解率[要ログイン]

[とことん1 問目] [平成29年度(2017) 秋期(問2)]

送信側では,ビット列をある生成多項式で割った余りをそのビット列に付加して送信し,受信側では,受信したビット列が同じ生成多項式で割り切れるか否かで誤りの発生を判断する誤り検査方式はどれか。

CRC方式

垂直パリティチェック方式

水平パリティチェック方式

ハミング符号方式

解答

設問1 結果
正解
CRC方式
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説を投稿できます。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。