過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 システムアーキテクト 平成21年度(2009)秋期

受験者数

8,395人

合格者数

1,112人

合格率

13%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 UMLのアクティビティ図の特徴はどれか。 閲覧
2 図は、階層化されたDFDにおける、あるレベルのDFDの一部である。プロセスを子プロセスに分割して詳細化したDFDのうち、適切なものはどれか。ここで、プロセス1の子プロセスは、プロセス1-1、1-2及び ... 閲覧
3 要求分析・設計技法のうち、BPMNの説明はどれか。 閲覧
4 SQLインジェクション対策として実施するものはどれか。 閲覧
5 あるプログラム言語の解説書の中に次の記述がある。この記述中の”良いプログラム”がもっている特長はどれか。このプログラム言語では、関数を呼び出すときに引数を保持するためにスタックが使用される。引数で受け ... 閲覧
6 モジュール設計書を基にモジュール強度を評価した。適切な評価はどれか。[モジュール設計書(抜粋)] 上位モジュールから渡される処理コードに対応した処理をする。処理コードが”I”のときは挿入処理、処理コー ... 閲覧
7 ブラックボックステストのテストデータの作成方法のうち、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
8 プログラムテスト仕様書の作成手順として、作業項目を適切な順序に並べたものはどれか。a テスト環境、テスト方法などのプログラムテストに関する概要を記述する。b テストケースごとのテストデータの作成と予想 ... 閲覧
9 製品を出荷前に全数検査することによって、出荷後の故障数を減少させ、修理費用を低減したい。次の条件で全数検査を行ったときに低減できる費用は何万円か。ここで、検査時に故障が発見された製品は修理して出荷する ... 閲覧
10 開発した製品で利用している新規技術に関して特許の出願を行った。日本において特許権の取得が可能なものはどれか。 ... 閲覧
11 情報システムのアウトソーシングを説明したものはどれか。 閲覧
12 共通フレーム2007によれば、システム化計画の立案よりも後のプロセスで実施するものはどれか。 ... 閲覧
13 ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用、保守のプロセスに区分したとき、企画プロセスの目的はどれか。 ... 閲覧
14 受注管理システムにおける要件のうち、非機能要件に該当するものはどれか。 ... 閲覧
15 ”システム管理基準”によれば、企画業務の段階で策定すべきものはどれか。 ... 閲覧
16 システムの機能要件を定義する上で、前提となる要件定義作業はどれか。 閲覧
17 請書を渡すと契約が成立する書類はどれか。 閲覧
18 製品開発の際に用いられ、表の行に目的とする品質を、列に直接管理可能な要素を記入した2元表を用い、互いの関係付けから重要性の高い品質要素は何かを明らかにする手法はどれか。 ... 閲覧
19 経済産業省によれば、エンタープライズアーキテクチャ(EA)のビジネスアーキテクチャで機能情報関連図(DFD)を作成する目的はどれか。 ... 閲覧
20 BI(Business Intelligence)を説明したものはどれか。 閲覧
21 シリアルATAの説明として、適切なものはどれか。 閲覧
22 1台のCPUの性能を1とするとき、そのCPUをn台用いたマルチプロセッサの性能Pが、P=n/(1+(n-1)aで表されるとする。ここで、aはオーバヘッドを表す定数である。例えば、a=0.1、n=4とす ... 閲覧
23 ”納品”表と”顧客”表を自然結合するSQL文はどれか。 ... 閲覧
24 IPアドレスからMACアドレスを取得するために用いるプロトコルはどれか。 閲覧
25 パケットフィルタリング型ファイアウォールのフィルタリングルールを用いて、本来必要なサービスに影響を及ぼすことなく防げるものはどれか。 ... 閲覧