とことん1問1答 (情報処理技術者試験 システムアーキテクト)

正解率[要ログイン]

[とことん1 問目] [出典:情報処理技術者試験 システムアーキテクト 平成25年度(2013)秋期(問22)]

DBMSに実装すべき原子性(atomicity)を説明したものはどれか。

同一データベースに対する同一処理は、何度実行しても結果は同じである。

トランザクションが完了すると、その後にハードウェア障害が発生しても、更新されたデータベースの内容は保証される。

トランザクション内の処理は、全てが実行されるか、全てが取り消されるかのいずれかしかない。

一つのトランザクションの処理結果は、他のトランザクション処理の影響を受けることはない。

解答

設問1 結果
正解
トランザクション内の処理は、全てが実行されるか、全てが取り消されるかのいずれかしかない。
回答履歴
ログインすると履歴が残ります
解説
この問題は解説を募集しております。
ログインすると解説の投稿・編集が可能となります。
個人メモ(他のユーザーからは見えません)
メモを残すにはログインが必要です
コメント一覧
  • まだコメントがありません
※ コメントには[ログイン]が必要です。