過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 システムアーキテクト 平成27年度(2015)秋期

受験者数

5,274人

合格者数

697人

合格率

13%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 ソフトウェアライフサイクルプロセスのシステム方式設計で行うものはどれか。 ... 閲覧
2 UMLを使って図のクラスPを定義した。このクラスの操作のうち、公開可視性(public)をもつものはどれか。 ... 閲覧
3 オブジェクト指向分析における分析モデルによって、ユースケース内のオブジェクトを分類するとき、境界オブジェクトに該当するものはどれか。 ... 閲覧
4 オブジェクト指向設計における設計原則のうち、開放・閉鎖原則はどれか。 ... 閲覧
5 デザインパターンの中のストラテジパターンを用いて、帳票出力のクラスを図のとおりに設計した。適切な説明はどれか。 ... 閲覧
6 大量のデータを並列に処理するために、入力データから中間キーと値の組みを生成する処理と、同じ中間キーをもつ値を加工する処理との2段階で実行するプログラミングモデルはどれか。 ... 閲覧
7 オブジェクト指向におけるデザインパターンに関する記述として、適切なものはどれか。 ... 閲覧
8 ブラックボックステストにおけるテストケースの設計に関する記述として、適切なものはどれか。 ... 閲覧
9 製品を出荷前に全数検査することによって、出荷後の故障数を減少させ、全体の費用を低減させたい。次の条件で全数検査を行ったおきに低減させられる費用は何万円か。ここで、検査時に故障が発見された製品は修理して ... 閲覧
10 学生レコードを処理するプログラムをテストするために、実験計画法を用いてテストケースを決定する。学生レコード中のデータ項目(学生番号、科目コード、得点)は二つの状態をとる。テスト対象のデータ項目から任意 ... 閲覧
11 共通フレームにおけるシステム開発プロセスのアクティビティであるシステム適格性確認テストの説明として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
12 新システムの受入れ支援において、利用者への教育訓練に対する教育効果の測定を、カークパトリックモデルの4段階評価を用いて行う。レベル1(Reaction)、レベル2(Learning)、レベル3(Beh ... 閲覧
13 銀行の勘定系システムなどのような特定の分野のシステムに対して、業務知識、再利用部品、ツールなどを体系的に整備し、再利用を促進することによって、ソフトウェア開発の効率向上を図る活動や手法はどれか。 ... 閲覧
14 BABOKでは、要求をビジネス要求、ステークホルダ要求、ソリューション要求及び移行要求の4種類に分類している。ソリューション要求の説明はどれか。 ... 閲覧
15 共通フレームによれば、システム化計画が承認された後に実施する作業はどれか。 ... 閲覧
16 システム開発におけるベンダとの契約方法のうち、実費償還型契約はどれか。 ... 閲覧
17 BCP策定に際して、目標復旧時間となるものはどれか。 閲覧
18 SVC (SuperVisor Call) 割込みが発生する要因として、適切なものはどれか。 閲覧
19 フォールトトレランスに関する説明のうち、適切なものはどれか。 閲覧
20 マルチプロセッサによる並列処理において、1プロセッサのときに対する性能向上比はアムダールの法則で説明することができる。性能向上比に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ... 閲覧
21 OLAPによって、商品の販売状況分析を商品軸、販売チャネル軸、時間軸、顧客タイプ軸で行う。データ集計の観点を、商品、販売チャネルごとから、商品、顧客タイプごとに切り替える操作はどれか。 ... 閲覧
22 CSMA/CAやCSMA/CDのLANの制御に共通しているCSMA方式に関する記述として、適切なものはどれか。 ... 閲覧
23 ファイルを送受信する際の情報漏えい対策のうち、適切なものはどれか。 閲覧
24 何らかの理由で有効期間中に失効したディジタル証明書の一覧を示すデータはどれか。 ... 閲覧
25 WAFの説明はどれか。 閲覧