過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 情報処理安全確保支援士 平成23年度(2011) 特別期

受験者数

19,445人

合格者数

2,712人

合格率

14%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 AESの暗号化方式を説明したものはどれか。 閲覧
2 IEEE802.1Xで使われるEAP-TLSによって実現される認証はどれか。 閲覧
3 PCに内蔵されるセキュリティチップ(TPM:Trusted Platform Module)がもつ機能はどれか。 ... 閲覧
4 暗号アルゴリズムの危殆(たい)化を説明したものはどれか。 閲覧
5 SMTP-AUTHにおける認証の動作を説明したものはどれか。 閲覧
6 X.509におけるCRL(Certificate Revocation List)の運用を説明したものはどれか。 閲覧
7 認証局が送信者に発行したディジタル証明書を使用して送信者又は受信者が行えることはどれか。 ... 閲覧
8 サーバへのログイン時に用いるパスワードを不正に取得しようとする攻撃とその対策の組合せのうち,適切なものはどれか。 ... 閲覧
9 ウイルスの検出手法であるビヘイビア法を説明したものはどれか。 閲覧
10 ウイルス調査手法に関する記述のうち,適切なものはどれか。 閲覧
11 通信の暗号化に関する記述のうち,適切なものはどれか。 閲覧
12 自社の中継用メールサーバのログのうち,外部ネットワークからの第三者中継と判断できるものはどれか。ここで,AAA.168.1.5とAAA.168.1.10は自社のグローバルIPアドレスとし,BBB.45 ... 閲覧
13 経済産業省"ソフトウェア管理ガイドライン"に定められた,ソフトウェアを使用する法人,団体などが実施すべき基本的事項の記述のうち,適切なものはどれか。 ... 閲覧
14 共通フレーム2007に従いシステム開発の要件定義の段階で実施することとして,適切なものはどれか。 ... 閲覧
15 ICカードの耐タンパ性を高める対策はどれか。 閲覧
16 ルータで接続された二つのセグメント間でのコリジョンの伝搬とブロードキャストフレームの中継について,適切な組合せはどれか。 ... 閲覧
17 ある企業の本店で内線通話を調査したところ,通話数が1時間当たり120回,平均通話時間が90秒であった。本店内線の呼量は何アーランか。 ... 閲覧
18 インターネットVPNを実現するために用いられる技術であり,ESP(Encapsulating Security Payload)やAH(Authentication Header)などのプロトコルを含 ... 閲覧
19 TCPのフロー制御に関する記述のうち,適切なものはどれか。 閲覧
20 通信プロトコルで使用するデータ形式を記述するための記法であって,SNMPのパケットの符号化に利用されているものはどれか。 ... 閲覧
21 次のSQL文をA表の所有者が発行した場合を説明したものはどれか。 閲覧
22 操作に不慣れな人も利用するシステムでは,間違ったデータが入力されることが想定される。誤入力が発生しても,プログラムやシステムを異常終了させずに,エラーメッセージを表示して次の操作を促すような設計を何と ... 閲覧
23 共通フレーム2007で取り決められているものはどれか。 閲覧
24 (1)〜(4)はある障害の発生から本格的な対応までの一連の活動である。(1)〜(4)の各活動とそれに対するITILの管理プロセスの組合せのうち,適切なものはどれか。利用者からサービスデスクに"特定の入 ... 閲覧
25 入出金管理システムから出力された入金データファイルを,売掛金管理システムが読み込んでマスタファイルを更新する。入出金管理システムから売掛金管理システムへのデータ受渡しの正確性及び網羅性を確保するコント ... 閲覧