過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成23年度(2011)秋期

申込者数

6,739人

受験者数

4,839人

合格者数

705人

合格率(合格者/受験者)

15%
問題番号 難易度 問題文
1
経済産業省が策定した”IT経営力指標”の説明はどれか。
2
エンタープライズアーキテクチャを説明したものはどれか。
3
BI (Business Intelligence)を説明したものはどれか。
4
投資効果を現在価値法で評価するとき、最も投資効果の大きい(又は損失の小さい)シナリオはどれか。ここで、期間は3年間、割引率は5%とし、各シナリオのキャッシュフローは表のとおりとする。 ...
5
BABOKの説明はどれか。
6
システムの機能要件を定義する上で、前提となる要件定義作業はどれか。
7
プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)において、投資用の資金源と位置付けられる事業はどれか。 ...
8
企業戦略におけるTOBを説明したものはどれか。
9
コアコンピタンスに該当するものはどれか。
10
ブルーオーシャン戦略を説明したものはどれか。
11
アンゾフの成長ベクトルにおいて、Bの戦略を表すものはどれか。
12
商品ブランド戦略の一つであるラインエクステンションを説明したものはどれか。 ...
13
売り手側でのマーケティング要素 4P は, 買い手側での要素 4C に対応するという考え方がある。4P の一つであるプロモーションに対応する 4C の構成要素はどれか。 ...
14
ある顧客層の今後3年間通しての、年間顧客維持率が40%、1人当たり年平均売上高が200万円、売上高コスト比率が50%と想定される場合、今後3年間のLTV(顧客1人当たりの生涯価値)は何万円か。ここで、 ...
15
ファイブフォース分析において、企業の競争力に影響を与える五つの要因として、新規参入者の脅威、バイヤの交渉力、競争業者間の敵対関係、代替製品の脅威と、もう一つはどれか。 ...
16
SECIモデルにおける、内面化の説明はどれか。
17
特許を分析して生まれた問題解決技法であり、問題(矛盾)を創造的・発明的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。 ...
18
ある会社の生産計画部では、毎月25日に次の手続で翌月の計画生産量を決定している。8月分の計画性産業を求める式はどれか。[手続](1) 当月末の予想在庫量を、前月末の実在庫量と当月の計画生産量と予想販売 ...
19
インターネットオークションにおいて、出品者と落札者の間の決済で使用されるエクスローサービスはどれか。 ...
20
e-ビジネス分野で提唱されているロングテールの考え方を説明したものはどれか。 ...
21
c管理図で管理する対象はどれか。
22
製品X及びYを生産するために2種類の原料A、Bが必要である。製品1個の生産に必要となる原料の量と調達可能量は表に示すとおりである。製品XとYの販売1個当たりの利益が、それぞれ100円、150円であると ...
23
ABC(活動基準原価計算)の考え方を説明したものはどれか。
24
キャッシュフロー計算書における、営業活動によるキャッシュフローは何万円か。 ...
25
国税関係帳簿を磁気媒体で保存する場合、法律で規定されているものはどれか。 ...