過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 システム監査技術者 平成26年度(2014)春期

受験者数

2,733人

合格者数

361人

合格率

13%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 "システム監査基準"におけるシステム監査業務の品質管理の主な目的はどれか。 ... 閲覧
2 "システム管理基準"で定めている、運用業務におけるソフトウェア管理に該当するものはどれか。 ... 閲覧
3 受注管理システムのデータ入力に対するシステム監査の報告書において、指摘事項に該当するものはどれか。 ... 閲覧
4 経済産業省の"営業機密管理指針"に基づく営業機密データの管理状況について監査を行うとき、秘密管理性のチェックポイントはどれか。 ... 閲覧
5 外部委託管理の監査に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。 閲覧
6 表はコンピュータを利用して行うシステム監査技法についてまとめたものである。(1)~(4)の組合せとして、適切なものはどれか。 ... 閲覧
7 監査調書に関する記述のうち、適切なものはどれか。 閲覧
8 個人情報の取得に関して、JIS Q 15001における個人情報取得時の要求事項への準拠性を監査した。指摘事項に該当するものはどれか。 ... 閲覧
9 日本公認会計士協会の監査・保証実務委員会実務指針第86号"受託業務に係る内部統制の保障報告書"に基づいて作成される文書と作成者の適切な組合せはどれか。ここでは、受託業務の一部について再委託が行われてお ... 閲覧
10 金融庁の"財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準"におけるIT業務処理統制に該当するものはどれか。 ... 閲覧
11 職務著作の要件のうち、プログラムの著作物の場合は満たす必要がなく、プログラム以外の著作物の場合は必要なものはどれか。 ... 閲覧
12 下請業者から納品されたプログラムに、下請業者側の事情を原因とするバグが発見され、プログラムの修正が必要となった。このとき、支払期日を改めて定めようとする場合、下請代金支払遅延等防止法上認められている期 ... 閲覧
13 会社法に基づく監査委員会の役割はどれか。 閲覧
14 ある研究所において、社員は一つ以上の学会に属している。社員と学会の関係をUMLを用いて表したず図のうち、適切なものはどれか。ここで、会員番号は学会が所属する会員を一意に識別するために付与する番号である ... 閲覧
15 クラスBのIPアドレスで255.255.255.0のサブネットマスクを用いたとき、同一サブネット内で設定可能なホストアドレス数は最大で幾つか。 ... 閲覧
16 IPv6において、拡張ヘッダを利用することによって実現できるセキュリティ機能はどれか。 ... 閲覧
17 コンティンジェンシープランにおける留意点はどれか。 閲覧
18 SSLに関する記述のうち、適切なものはどれか。 閲覧
19 UML2.0において、オブジェクト間の相互作用を時間の経過に注目して記述するものはどれか。 ... 閲覧
20 ソフトウェアの潜在エラー数を推定する方法の一つにエラー埋込み法がある。100個のエラーを故意にプログラムに埋め込んだとき、そのエラーの存在を知らない検査グループが30個のエラーを発見した。そのうち20 ... 閲覧
21 システムの改善に向けて提出された4案について、評価項目を設定して採点した結果を、採点結果表に示す。効果及びリスクについては5段階評価とし、それぞれの評価項目の重要度に応じて、重み付け表に示すとおりの重 ... 閲覧
22 ITサービスマネジメントにおける問題管理プロセスの活動はどれか。 閲覧
23 企業の競争戦略におけるリーダ戦略はどれか。 閲覧
24 TOCにおけるDBR (ドラム・バッファ・ロープ) のドラムの説明はどれか。 閲覧
25 前期の製品Aの売上高は1,000万円、営業利益は50万円であり、限界利益は400万円であった。当期は売上高が10%減少することが予想されている。当期も前期と同じ営業利益を得るために必要な、固定費の削減 ... 閲覧