過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 システムアーキテクト 平成26年度(2014)秋期

受験者数

5,735人

合格者数

860人

合格率

15%
問題番号 問題文 問題閲覧
1 ソフトウェアの要求分析や設計に利用されるモデルに関する記述のうち、ペトリネットの説明として、適切なものはどれか。 ... 閲覧
2 要求分析・設計技法のうち、BPMNの説明はどれか。 閲覧
3 ソフトウェアパターンのうち、GoFのデザインパターンの説明はどれか。 閲覧
4 内部設計書のデザインレビューを実施する目的として、最も適切なものはどれか。 ... 閲覧
5 図は、商品の受注処理を行うプログラムのモジュール構成図である。a〜dのうち、機能的強度のモジュールはどれか。 ... 閲覧
6 a 〜 cの説明に対応するレビューの名称として、適切な組合せはどれか。 a 参加者全員が持ち回りでレビュー責任者を務めながらレビューを行うので、参加者全員の参画意欲が高まる。 b レビュー対象物の ... 閲覧
7 ソフトウェアの要件定義や分析・設計で用いられる技法に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ... 閲覧
8 ソフトウェアの使用性を評価する指標の目標設定の例として、適切なものはどれか。 ... 閲覧
9 プログラムテストに使用する入力データを、実験計画法に基づいて作成する。入力データには七つの項目があり、それぞれの項目は直交表の0又は1に対応する二者択一の値で構成する。入力データの全パターンをテストす ... 閲覧
10 次の流れ図において、 ① → ② → ③ → ⑤ → ② → ③ → ④ → ② → ⑥ の順に実行させるために、①においてmとnに与えるべき初期値aとbの関係はどれか。ここで、a, bはともに生 ... 閲覧
11 論理型プログラミングにおいて、命題の証明を行うための基本的な操作はどれか。 ... 閲覧
12 開発ライフサイクルモデルとして、ウォータフォールモデル、進化的モデル、スパイラルモデルの三つを考える。ソフトウェア保守は、どのモデルを採用したときに必要か。 ... 閲覧
13 ユースケース駆動開発の利点はどれか。 閲覧
14 投資効果を現在価値法で評価するとき、最も投資効果の大きい(又は損失の小さい)シナリオはどれか。ここで、期間は3年間、割引率は5%とし、各シナリオのキャッシュフローは表のとおりとする。 ... 閲覧
15 情報システムの全体計画立案のためにE-Rモデルを用いて全社のデータモデルを作成する手順はどれか。 ... 閲覧
16 非機能要件項目はどれか。 閲覧
17 エンタープラウズアーキテクチャにおいて、ビジネスアーキテクチャの成果物である機能情報関連図(DFD)を説明したものはどれか。 ... 閲覧
18 システム化計画立案時に、全社レベルの業務モデルを作成するときの留意点はどれか。 ... 閲覧
19 アクセス時間10ナノ秒のキャッシュメモリとアクセス時間50ナノ秒の主記憶を使用した処理装置において、主記憶の実効メモリアクセス時間が25ナノ秒以下になるためには、キャッシュメモリのヒット率が少なくとも ... 閲覧
20 WebブラウザやHTTPを用いず、独自のGUIとデータ転送機構を用いた、ネットワーク対戦型のゲームを作成する。仕様の(2)の実現に用いることができる仕組みとして、適切なものはどれか。[仕様](1) ゲ ... 閲覧
21 階層構造をもつ組織と社員の所属を表すUMLのクラス図のうち、"社員は組織階層中のどの組織にも所属できるが、兼務はしない"とするものはどれか。 ... 閲覧
22 データベースに媒体障害が発生したときの回復法はどれか。 閲覧
23 図は、既存の電話機とPBXを使用した企業内の内線網を、IPネットワークに統合する場合の接続構成を示している。図中のa〜cに該当する装置の適切な組合せはどれか。 ... 閲覧
24 WAFに登録された検出パターンと判定の関係のうち、適切なものはどれか。 閲覧
25 脆弱性検査手法の一つであるファジングはどれか。 閲覧