過去問 一覧 | ファイナンシャルプランナー 2級 平成28年度(2016) 5月試験

問題番号 難易度 問題文
1
ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、職業倫理や関連法規に照らし、最も不適切なものはどれか。 ...
2
ライフプランの作成の際に活用される各種係数に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
3
全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の保険給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
4
国民年金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
5
厚生年金保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
6
老齢基礎年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
7
公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
8
確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
9
住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35(買取型)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
10
下記<物品販売業X社の損益計算書(P/L)>の勘定科目に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
11
生命保険料の仕組みや算出方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
12
生命保険料の払込みが困難になった場合に、保険料の負担を軽減する方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
13
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとする。 ...
14
個人年金保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、契約者(=保険料負担者)および年金受取人は個人であるものとする。 ...
15
契約者(=保険料負担者)を法人とする生命保険契約の保険料の経理処理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも保険料は毎月平準払いで支払われているものとする。 ...
16
地震保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
17
問題 17地震保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
18
第三分野の保険等の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
19
損害保険を活用した家計のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
20
生命保険等を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
21
銀行等の金融機関で取り扱う預金商品の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
22
わが国における不動産投資信託(以下「J-REIT」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
23
債券の信用リスクに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
24
債券の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
25
株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
26
個人(居住者)が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品等の取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
27
一般的なオプション取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
28
株式累積投資の制度を利用して、ドルコスト平均法により、1回当たり3万円の投資金額でA社株式を以下のとおり買い付けたときの平均取得単価(株価)として、正しいものはどれか。なお、売買委託手数料等は考慮しな ...
29
ポートフォリオのリスクに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
30
わが国における個人による金融商品取引に係るセーフティネットに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
31
所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
32
所得税における各種所得に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
33
Aさんの平成27年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の所得税における総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする ...
34
所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
35
所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 ...
36
次のうち、所得税の確定申告を要する者として、最も適切なものはどれか。なお、いずれも適切に源泉徴収あるいは年末調整がされていることとし、記載のない事項については考慮しないものとする。 ...
37
法人税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
38
次に掲げる費用等のうち、法人税の各事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入されないものとして、最も適切なものはどれか。 ...
39
消費税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、各選択肢に記載されたもの以外の要件は、すべて満たしているものとする。 ...
40
消費税の課税事業者が行う次の取引のうち、消費税の課税取引となるものはどれか。 ...
41
不動産の登記や調査に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
42
不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
43
民法および宅地建物取引業法に基づく不動産の売買契約上の留意点に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は考慮しないものとし、買主は宅地建物取引業者ではないものとする。 ...
44
借地借家法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、借地借家法における定期建物賃貸借契約を定期借家契約といい、それ以外の建物賃貸借契約を普通借家契約という。 ...
45
都市計画法における開発行為の規制に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
46
都市計画区域および準都市計画区域における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
47
不動産に係る固定資産税および都市計画税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
48
居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例(以下「3,000万円特別控除」という)と居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例(以下「軽減税率の特例」という)に関する次の記述のう ...
49
Aさんは、所有する土地の有効活用を検討している。貸しビルを建設する際の土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれ ...
50
不動産の投資判断の手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
51
親族等に係る民法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
52
贈与税の課税財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
53
贈与税の申告と納付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
54
遺産分割協議に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
55
相続財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
56
下記<親族関係図>において、平成27年中にAさんに相続が開始した場合の相続税の計算における「遺産に係る基礎控除額」として、最も適切なものはどれか。なお、Dさんは相続の放棄をしている。 ...
57
下記の宅地における路線価方式による自用地価額として、最も適切なものはどれか。なお、奥行価格補正および側方路線影響加算以外の補正は考慮しないものとする。 ...
58
財産評価基本通達における宅地および農地の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...
59
相続税の納付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
60
贈与税の非課税制度等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 ...