過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成24年度(2012)秋期

申込者数

7,117人

受験者数

5,090人

合格者数

713人

合格率(合格者/受験者)

14%
問題番号 問題文
1 エンタープライズアーキテクチャ(EA)のビジネスアーキテクチャで機能情報関連図(DFD)を作成する目的はどれか。 ...
2 ”システム管理基準”によれば、情報戦略の全体最適化計画策定において、実施すべきことはどれか。 ...
3 内閣府の”事業継続ガイドライン”による事業継続計画の継続的改善のプロセスを順番に並べたとき、cに入るものはどれか。ここで、ア~エはa~dのいずれかに入る。 ...
4 システム化計画の立案において実施する作業であり、その作業の結果を基に、後続の作業でシステム化機能を整理し、情報と処理の流れを明確にするものはどれか。 ...
5 情報システムの全体計画立案のためにE-Rモデルを用いて全社のデータモデルを作成する手順はどれか。 ...
6 専門の事業者が提供するサービスのうち、EMSの説明はどれか。
7 LBOの説明はどれか。
8 プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)マトリックスのa、bに入れる語句の適切な組合せはどれか。 ...
9 コアコンピタンスを説明したものはどれか。
10 事業戦略のうち、収穫戦略に該当するものはどれか。
11 商品の購入希望者に対して、その商品に関連する別の商品又は組合せ商品などを推奨して販売することを何というか。 ...
12 コンジョイント分析の説明はどれか。
13 将来の科学技術の進歩の予測などについて、専門家などに対するアンケートを実施し、その結果をその都度回答者にフィードバックすることによって、ばらばらの予測を図のように収束させる方法はどれか。 ...
14 表のような顧客の収益状況が見込まれるとき、3年間の顧客生涯価値(LTV)は何百万円か。ここで、割引率は10%とし、計算は百万円未満を切り捨てるものとする。 ...
15 経営戦略に用いるCSF分析の特徴はどれか。
16 コールセンタシステムにおけるIVRを説明したものはどれか。
17 製品のロードマップに従って製品を開発していく場合に、プロダクトライン開発を適用する利点はどれか。 ...
18 アパレル業界におけるSPAの説明はどれか。
19 XBRLを説明したものはどれか。
20 TOC(Theory of Constraints)の特徴はどれか。
21 ゲーム理論を使って検討するのに適している業務はどれか。
22 合格となるべきロットが、抜取検査で誤って不合格となる確率のことを何というか。 ...
23 投資評価方法の説明のうち、IRR(Internal Rate of Return)法はどれか。
24 次の資料を基に、A社の連結損益計算書を作成した場合の連結売上高は何百万円か。・A社は、B社の株式の80%を取得している。・B社は、C社の株式の60%を取得している。・B社は、D社の株式の20%を取得し ...
25 製造物責任法(PL法)において、免責と規定されているものはどれか。