過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 システム監査技術者 平成31年度(2019) 春期

問題番号 難易度 出題
回数
問題文
1
1 システム管理基準(平成 30 年)において、 IT ガバナンスにおける説明として採用されているものはどれか。 ...
2
1 システム監査技法である ITF (Integrated Test Facility)法の説明はどれか。
3
1 システム管理基準(平成 30 年)において、経営陣が IT ガバナンスを成功に導くために採用することが望ましい原則としているものはどれか。 ...
4
1 財務処理に係るクラウドサービスを委託している場合に委託元会社が入手することのある、日本公認会計士協会の監査・保証実務委員会実務指針第86号“受託業務に係る内部統制の保証報告書(平成 23 年)”に基づ ...
5
1 システム管理基準(平成 30 年)に規定されたアジャイル開発において留意すべき取扱いとして、最も適切なものはどれか。 ...
6
1 システム監査基準(平成 30 年)において、 システム監査人が実施する予備調査の作業として、適切なものはどれか。 ...
7
1 固定資産管理システムに係る IT全般統制として、最も適切なものはどれか。 ...
8
1 金融庁“財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(平成 23年)”における、内部統制の基本的要素である“統制活動”はどれか。 ...
9
1 システム監査基準(平成30年)の説明はどれか。
10
1 システム監査基準(平成 30 年)では、監査計画の策定に当たり、監査対象として考慮する項目を、 情報システムの“ガバナンス”、 “マネジメント”、 “コントロール”に関するものに分けて例示している。情 ...
11
1 サービスマネジメントにおいて、事業関係マネージャが責任をもつ事項として、適切なものはどれか。 ...
12
1 データの追加・変更・削除が、少ないながらも一定の頻度で行われるデータベースがある。このデータベースのフルバックアップを磁気テープに取得する時間間隔を今までの 2 倍にした。このとき、データベースのバッ ...
13
1 不正競争防止法において、営業秘密を保有者から示された者が複製を行い、不正の利益を得ようとした場合、営業秘密侵害罪として刑事罰の対象となるのはどの時 点からか。 ...
14
1 インターネットのショッピングサイトで、商品の広告をする際に、商品の販売価格、代金の支払時期及び支払方法、商品の引渡時期、売買契約の解除に関する事項などの表示を義務付けている法律はどれか。 ...
15
1 製造物責任法(PL 法)によれば、製造業者の責任に関する記述のうち、適切なものはどれか。 ...
16
1 ハーシィ及びブランチャードが提唱する SL 理論の説明はどれか。
17
1 次の表において、“在庫”表の製品番号に参照制約が定義されているとき、その参照制約によって拒否される可能性がある操作はどれか。ここで、実線の下線は主キーを、破線の下線は外部キーを表す。在庫(在庫管理番号 ...
18
1 IPv6がもつ特徴のうち、既に IPv4でもっているものはどれか。
19
1 暗号化装置における暗号化処理時の消費電力を測定するなどして、当該装置内部の秘密情報を推定する攻撃はどれか。 ...
20
1 JIS Q 27000:2014 (情報セキュリティマネジメントシステムー用語)における情報セキュリティリスクに関する記述のうち、適切なものはどれか。ぜい ロスコー ...
21
1 マルウェアの検出手法であるビヘイビア法を説明したものはどれか。
22
1 プログラムのテストに関する記述のうち、適切なものはどれか。
23
1 ソフトウェアライフサイクルプロセスにおいて、ソフトウェア廃棄の実行アクティビティで実施するタスクのうち、適切なものはどれか。 ...
24
1 バイラルマーケティングを説明したものはどれか。
25
1 企業が実施するマクロ環境分析のうち、 PEST 分析によって戦略を策定している事例はどれか。 ...