過去問 一覧 | 情報処理技術者試験 ITストラテジスト 平成28年度(2016)秋期

申込者数

8,322人

受験者数

4,594人

合格者数

645人

合格率(合格者/受験者)

14%
問題番号 問題文
1 エンタープライズアーキテクチャ(EA)のビジネスアーキテクチャっで機能情報関連図(DFD)を作成する目的はどれか。 ...
2 SCOR (Supply Chain Operations Reference model) で定義しているSCMに関する実行プロセスのうち、自社にとってのSourceに当たるものはどれか。 ...
3 レコメンデーション(お勧め商品の提案)の例のうち、協調フィルタリングを用いたものはどれか。 ...
4 IT投資案件において、投資効果をPBP (Pay Back Period) で評価する。投資額が500のとき、期待できるキャッシュインの四つのシナリオa~dのうち、PBPの効果が最も高いものはどれか。 ...
5 情報システムの全体計画立案のためにE-Rモデルを用いて全社のデータモデルを作成する手順はどれか。 ...
6 LBOの説明はどれか。
7 環境分析の代表的なフレームワークについて、外部環境を分析するものと内部環境を分析するもので整理した図のcに当てはまるものはどれか。ここで、ア~エはa~dのいずれかに対応する。 ...
8 コアコンピタンスに該当するものはどれか。
9 ブルーオーシャン戦略の特徴はどれか。
10 FSP (Frequent Shoppers Program) の説明はどれか。
11 消費者市場のセグメンテーション変数のうち、行動的変数はどれか。
12 ジェフリー・A・ムーアはキャズム理論において、利用者の行動様式に変化を強いるハイテク製品では、イノベータ理論の五つの採用者区分の間に断絶があると主張し、その中でも特に乗り越えるのが困難な深く大きな溝を ...
13 経営戦略に用いるCSF分析で明らかになるものはどれか。
14 図は、SECIモデルの知識変換プロセスに基づき、製造現場において、熟練工の技能を若手技能者に伝承する例を示したものである。dに該当する活動はどれか。ここkで、ア~エは、a~dのいずれかに該当する。 ...
15 特許を分析して生まれた問題解決技法であり、問題(矛盾)を創造的・発明的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。 ...
16 XBRLを説明したものはどれか。
17 ボランタリーチェーンを説明したものはどれか。
18 TOCの特徴はどれか。
19 BCM (Business Continuity Management) において考慮すべきレジリエンスの説明はどれか。 ...
20 コンピテンシモデルの説明はどれか。
21 人事考課の際、考課者が陥りやすい傾向の説明のうち、ハロー効果を説明したものはどれか。 ...
22 次の条件においてA社の連結損益計算書を作成した場合の連結売上高は何億円か。[条件]・A社は、B社の株式の80%を取得している。・B社は、C社の株式の60%を取得している。・B社は、D社の株式の20%を ...
23 ソフトウェア開発を下請事業者に委託する場合、下請代金支払遅延等防止法に照らして、禁止されている行為はどれか。 ...
24 シングルサインオンの実装方式の特徴のうち、適切なものはどれか。
25 無線LANのセキュリティ方式としてWPA2を選択するとき、利用される暗号化アルゴリズムはどれか。 ...